記事

合流新党についての米国メディアの見方

今朝(8月20日)日本経済新聞が、立憲民主党と国民民主党の合流新党についての海外メディアの見方を載せていました。米国ウォール・ストリート・ジャーナル東京支局長のピーター・ランダース氏の次のコメントが興味深かったです。

米国は11月の大統領選で民主党政権が誕生する可能性がある。米民主党と合流新党は価値観で通じる部分が多い。とりわけ日本の野党の地球温暖化対策に注目する。原発政策もあいまいではだめだ。与党との違いを出せないなら政権を奪えない。

まったく同感です。日本の一部メディアは「数合わせだ」や「選挙目当てだ」といった取ってつけたような安直な批判をしますが、海外メディアの方が価値観や政策の方向性を見てくれます。

ピーター・ランダース支局長の指摘するとおり、新党の綱領は米国民主党と価値観を共有する部分が大きいです。バイデン候補は「グリーン・ニューディール」政策を掲げ、大統領就任1日目にパリ協定に復帰することを宣言しています。

バイデン新政権の米国は、地球温暖化(気候変動)対策で世界をリードし、再生可能エネルギー推進や脱炭素化のための省エネ投資で経済復興をめざすことになるでしょう。

立憲民主党でも「気候変動調査会」を設置しました。私としては気候変動対策を次の選挙の重点政策にしたいと思っています。米国の民主党と歩調を合わせて、気候変動を食い止めなくてはいけないと思います。

すでに原発政策に関しては、新党の綱領で「原発ゼロ」をめざすことが明確になりました。安倍政権が原発依存・化石燃料依存のエネルギー政策を続けるなかで、脱炭素化をめざすエネルギー政策で新党は現政権と差別化すべきです。ピーター・ランダース支局長のおっしゃる通りです。

あわせて読みたい

「立憲民主党(旧)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  4. 4

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  5. 5

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  6. 6

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    「感染ゼロではなく、重症化ゼロを目指す。医療と経済は両立できる」現場医師の提案

    中村ゆきつぐ

    09月21日 08:28

  9. 9

    河野太郎は自民総裁選で勝てるか? 父と祖父があと一歩で届かなかった首相の座

    田原総一朗

    09月21日 08:02

  10. 10

    引きずり下ろされた菅首相の逆襲が始まる「河野内閣」で官房長官で復活説も

    NEWSポストセブン

    09月21日 08:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。