記事

合流新党についての米国メディアの見方

今朝(8月20日)日本経済新聞が、立憲民主党と国民民主党の合流新党についての海外メディアの見方を載せていました。米国ウォール・ストリート・ジャーナル東京支局長のピーター・ランダース氏の次のコメントが興味深かったです。

米国は11月の大統領選で民主党政権が誕生する可能性がある。米民主党と合流新党は価値観で通じる部分が多い。とりわけ日本の野党の地球温暖化対策に注目する。原発政策もあいまいではだめだ。与党との違いを出せないなら政権を奪えない。

まったく同感です。日本の一部メディアは「数合わせだ」や「選挙目当てだ」といった取ってつけたような安直な批判をしますが、海外メディアの方が価値観や政策の方向性を見てくれます。

ピーター・ランダース支局長の指摘するとおり、新党の綱領は米国民主党と価値観を共有する部分が大きいです。バイデン候補は「グリーン・ニューディール」政策を掲げ、大統領就任1日目にパリ協定に復帰することを宣言しています。

バイデン新政権の米国は、地球温暖化(気候変動)対策で世界をリードし、再生可能エネルギー推進や脱炭素化のための省エネ投資で経済復興をめざすことになるでしょう。

立憲民主党でも「気候変動調査会」を設置しました。私としては気候変動対策を次の選挙の重点政策にしたいと思っています。米国の民主党と歩調を合わせて、気候変動を食い止めなくてはいけないと思います。

すでに原発政策に関しては、新党の綱領で「原発ゼロ」をめざすことが明確になりました。安倍政権が原発依存・化石燃料依存のエネルギー政策を続けるなかで、脱炭素化をめざすエネルギー政策で新党は現政権と差別化すべきです。ピーター・ランダース支局長のおっしゃる通りです。

あわせて読みたい

「立憲民主党(旧)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  5. 5

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  7. 7

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。