記事

「金は買わない」が持論だった"投資の神様"も、ついに金を買い始めた

1/2

「金」を否定してきたバフェット氏

さすがの「懐疑論者」ももう認めざるを得ない展開だ。

金価格が8月7日に1トロイオンス=2072.50ドルの史上最高値を付け、国内税込小売価格も1グラム=7769円の史上最高値を付けた。そこをピークにいったんは1トロイオンス=1912ドル台まで急落したが、再び力強く上昇し、8月18日には再度2000ドルを突破してきた。

好物はコーラ、ハンバーガー、アイスキャンディーという庶民派のカリスマ。世界が驚いたその「変節」とは?
好物はコーラ、ハンバーガー、アイスキャンディーという庶民派のカリスマ。世界が驚いたその「変節」とは? - 写真=ロイター/アフロ

しかし、金の可能性を否定し続けてきた人物がいる。世界的な著名投資家であるウォーレン・バフェット氏、その人である。

バフェット氏の動向は1990年代後半からウオッチしているが、当時から金に対するバフェット氏のスタンスは一貫していた。

「金には金利もつかず、配当もないため、投資する意味はない」

バフェット氏は言わずと知れた株式投資のプロ中のプロであり、誰もまねできない実績を上げている。しかし、コモディティ市場のプロである私にとって、当時バフェット氏の発言にはまったく共感できなかったのを鮮明に覚えている。

以来こんにちに至るまで、バフェット氏が金や金鉱株を買うことはなかった。その投資判断のスタンスは一貫していてブレることはなかった。

「投資の神様」に何が起こったのか?

ところが、である。

そのバフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハサウェイが、カナダの産金大手バリック・ゴールド株を約2090万株、56億ドル相当を新たに取得したことが8月14日、米証券取引委員会(SEC)に提出した6月末の保有状況報告で判明した。

これには世界中が驚いた。「金利も配当もつかない金への投資は無駄」と公言し、実行してきたバフェット氏が……。なぜ今回、バフェット氏はいきなり金鉱株に投資することにしたのだろうか。

真相は本人に聞いてみないとわからないが、SECに提出した先述の保有状況報告で「何をしたか」はわかる。

米銀行株の保有を大幅に削減し、ゴールドマン・サックスの株式はすべて売却。ウェルズ・ファーゴやJPモルガン・チェース、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンなどの大手金融機関の保有株式を減らしているのである。これは、バフェット氏が米経済や米銀の先行きを悲観したことが背景にあると考えられる。

「大好きだった銀行株」を手放した意味

バークシャーは、2008年に発生した金融危機時に、ゴールドマンの優先株を取得した。その後、同社の大株主となっていた。しかし、1~3月に保有株の約8割を売却。4~6月に残りも手放した。JPモルガン株も約62%削減した。さらに、ウェルズ・ファーゴ株も約26%減らした。保有比率が低下し、筆頭株主から外れたとみられる。

バークシャーは1989年にウェルズ・ファーゴ株を初めて取得。2016年に不正営業が発覚した際も、経営陣の対応の遅さを批判しつつも株式保有を継続していた。バフェット氏は今年5月の株主総会で、米経済の先行きについて長期的には強気の見方を示していたことから、6月にかけて判断を一変させたことがわかる。

銀行株は、経済成長の恩恵を受けやすく、同氏が好むことで知られる。ただし、米銀は新型コロナウイルスの感染拡大による景気悪化で、貸し倒れに備えた引当金を大幅に積み増し、業績は悪化していた。FRBによる低金利政策で利ざやが縮小し、中長期的な収益力の低下も懸念されているため、これを嫌気して銀行株の大半を売却したものと思われる。

「配当好き」バフェット氏の変節

その一方で、バリック・ゴールド株を取得したのは、バフェット氏の金に対する考え方が変わった可能性がある。

これまで金投資を明確に否定していたので、さすがに金に直接投資することは避けたものとみられる。そこで、株式を経由して金のエクスポージャーを取得する、すなわち、金への投資をすることで、金価格の変動を収益に結び付けようとする意図があったといえそうだ。これは非常に興味深い。

産金会社は金価格が上昇しなければ収益が上がらない。つまり、間接的に金に投資しているのに等しい。また、金鉱株への投資には、それ以外にもさまざまな事業リスクがあるため、金価格の上昇を直接的に享受できるわけでない。

配当が好きなバフェット氏のことだから、バリック株の配当に興味があったのだろうと調べてみると、たしかにバリックの普通株は配当を支払っているのだが、その配当利回りはわずか1.2%。配当を狙っての投資とはいえず、金相場の上昇の恩恵を受けやすいバリック株を取得し、やはり「間接的に金に投資した」と考えるのが妥当といえそうだ。

2000年ハイテクバブルでの成功は「結果オーライ」

過去のバフェット氏の投資で私が注目した点を2つ挙げておこう。

2000年のハイテクバブルの際には、「理解できないものには投資しない」として、ハイテク株への投資を回避する、と宣言したことを鮮明に覚えている。その後、ハイテク株は棒上げ状態となり、「バフェットの目が曇り始めた」といわれた。しかし、最終的にハイテク株は暴落し、バフェット氏の見方が正しかったと称賛された。

だが、よく考えると、ハイテク株はいったん上昇している。それもものすごい上げである。この相場に参加していなかったのは、投資家としてはどうかと思われる。

結果は正しかったが、その途中の相当の利益を捨てている。この点は明確にしておく必要があるだろう。

あわせて読みたい

「ウォーレン・バフェット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    孤独死は30代・40代の男性に多い

    PRESIDENT Online

  9. 9

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  10. 10

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。