記事
  • ロイター

スバル、運転支援機能に米ザイリンクスの半導体採用


[サンフランシスコ 19日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>は、渋滞時の手放し運転を可能にする新たな運転支援機能に米ザイリンクス<XLNX.O>の半導体を採用する。両社が19日、発表した。

ハンズオフ機能は、近く発売が予定されているハッチバック「レヴォーグ」で使えるようになる見通し。ザイリンクスのチップ「Zynq」を安全システム「アイサイト」の新バージョンに搭載する。

カメラが集めたデータを同チップが解析し、高速道路のカーブなどの前では自動的に減速するという。

また、渋滞時にハンドルから手を放して時速約50キロで運転するハンズオフ機能は日本のみで追加できる。

ハンズオフ機能を使う際も運転手は前方を注視する必要があり、車内のセンサーが運転手が注意を払っているかどうかを検知する仕組みになっている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  2. 2

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  3. 3

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  4. 4

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  5. 5

    菅首相は早く臨時国会を開くべき

    鈴木しんじ

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    山口容疑者 基準値の約5倍を検出

    ABEMA TIMES

  8. 8

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  9. 9

    空気感染? 医師「今まで通りで」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山口達也 飲酒解禁はこの1年か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。