記事

大義なき合流 玉木代表「金で揉めれば国民から見放される」

玉木代表と平野幹事長。合流と分党に向けて円満解決にあたる。=19日、都内 撮影:小杉碧海=

 国民民主党はきょう19日、最高意思決定機関である両院議員総会を開き、立憲民主党との合流を賛成多数で決めた。

 玉木代表、前原元民進党代表、山尾議員らは合流に参加せず新党結成を目指す。

 全国幹事会・自治体議員団等代表者合同会議→ 両院議員総会 → 両院懇談会 → 再び両院議員総会・・・大詰めを迎えた立憲との合流について、協議は6時間余りに及んだ。

 最後に結論を問う形で以下が執行部から提案され、賛成57:反対2で了承されたー

(立憲との合流)新党結党に向けて、最後まで国民民主党全員での新党への参加の努力を続け、

全員参加が叶わない場合には、さらなる大きな塊に向け、円満かつ友好的に諸手続きが進むよう、その対応を代表・幹事長に一任する。
 
 言葉はきれいだが、どうにでも取れる文章だ。前段だけ読めば、全員で立憲に合流するのだから、分党ではない。

 実際、みんなで合流派のある議員は「分党なんか決めてはいない」と話す。

 後段を読めば分党もありうる。玉木代表は両院議員総会後の記者会見で「分割(分党)も含んでいる」と答えた。

 もしかりに分党が認められなければ、合流に参加しない議員は離党となる。資金豊かな国民民主党の金庫に眠る50億円は、合流議員の持参金として立憲に渡る。

 マスコミを賑わす「金目当ての合流」である。総会後の記者会見でも50億円の行方をめぐる質問が相次いだ。

 玉木代表は「お金で揉めるようなことがあったら、それこそ国民に見放される。全額国庫に返納した方がいい」と険しい表情で答えた。

 カネ目当ての勢力に対する牽制とも取れる。

泉議員と小熊議員。合流推進派の2人は嬉々とした表情で会場に入って行った。=19日、都内 撮影:小杉碧海=

 3年前のあの日と同じ光景を見る思いだった。

 安全保障や憲法観などで政策がまったく違う小池新党(希望の党)に、民進党所属の衆院議員が雪崩を打って移籍しようとしたのである。

 このままでは選挙を戦えないというのが理由だった。

 今回と同じだ。

 だが民進党出身の議員、とりわけリベラル系は、小池ゆりこ党首(当時)の選別に遭い、排除された。

 希望の党は選挙で惨敗、翌年5月、解党。民進党と合併し国民民主党となる。

 今回の合流は「振り出し」に戻ったような感覚を抱かせる。既視感といってもよい。

 大義なき合流はまた同じ結果を招くのだろうか。

最後に挙手で決を採って「合流」と「分割」を決めた。=19日、都内 撮影:田中龍作=

    ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  6. 6

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  7. 7

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  8. 8

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  9. 9

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  10. 10

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。