記事

【両院議員総会】新党結党に向け、綱領案、規約案、代表・党名選挙規定案を了承

 国民民主党は19日、全国幹事会・自治体議員団等代表者合同会議に引き続き、両院議員総会を開催し、幹事長・政調会長協議で取りまとめた新党綱領案、新党規約案、新党代表・党名選挙規定案を踏まえた立憲民主党との新党設立について協議した。

 冒頭、玉木雄一郎代表があいさつに立ち、今年度の党員・サポーター登録者数が昨年度を上回ったこと、新型コロナに関して行ったさまざまな政策提案が政府の政策にとり入れられたことを挙げ、国民民主党が進めてきた政策提案型の政治姿勢が定着し、成果を上げていると評価した。その上で、「昨年来、大きな固まりをつくるために立憲民主党と協議してきたことについて今日は結論を出していきたい」述べた。

 会議を両院議員懇談会に切り替え、平野博文幹事長より立憲民主党との協議経過と新党規約案、及び新党代表選出・党名選挙規定案について、泉健太政務調査会長より新党綱領案について報告を受けた。それに対し、参加議員で質疑応答、意見交換を行った。

 その後、再度両院議員総会に切り替え、玉木代表より「政権交代に向けた『大きな塊』を目指し、国民民主党と立憲民主党との間において、幹事長・政調会長間協議を重ねてきた結果、別紙の新党綱領案、新党規約案、新党代表・党名選挙規定案がまとまったことから、(解党の上で)新党をつくることを承認するとともに、新党結党に向けて、最後まで国民民主党全員での新党への参加の努力を続け、全員参加が叶わない場合には、さらなる『大きな塊』に向け、円満かつ友好的に諸手続きが進むよう、その対応を代表・幹事長に一任する」との提案を受けた。提案は賛成多数で可決された。

 終了後、玉木代表が会見を行い、「今日は、新党の結成について諮り、最終的な結論を得た」と報告した。両院議員総会で代表の提案が可決したことにより、「2年余り続いてきた国民民主党の歴史にピリオドを打つことになった。この間、苦しい中ではあるが、仲間とともに築き上げてきた国民民主党の政策や文化は誇るべきものであり、この思いをしっかりと引き継いで行ってほしいと同僚議員に伝えた。政策提案型の改革中道政党の立ち位置は、今こそ日本で必要だと思っている。この思いを新しい党に加わる方も、そうではない方も引き継ぎ、育み、これから日本のために、国民のために尽くしてほしいということを最後にお願いして、今日の総会を終わった」と述べた。

新党綱領案

新党規約案

新党代表及び党名選挙規定案

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

  3. 3

    「アルコール提供自粛要請」「土日祝日の飲食店休業要請」大阪府が緊急事態宣言で検討

    BLOGOS しらべる部

    04月20日 19:38

  4. 4

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  5. 5

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  6. 6

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  7. 7

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  8. 8

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  9. 9

    昨年末からじわじわと円安ドル高に…地政学的リスクの増大が一つの要因か

    ヒロ

    04月20日 11:44

  10. 10

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。