記事

イージス・アショア断念で何が納得できないのか座談会「イージス・アショア配備計画の断念を改めて総括する」

1/2

 言論NPOは7月27日、防衛省が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の計画を撤回したのを受け、「イージス・アショア配備計画の断念を改めて総括する」と題してWeb座談会を開きました。

 議論には、衆議院議員で元防衛庁長官の中谷元氏、元自衛艦隊司令官の香田洋二氏、日経新聞コメンテーターで、日米関係を研究している秋田浩之氏の三氏に議論をお願いし、司会は言論NPO代表の工藤泰志が務めました。

 6月17日、河野防衛相が「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表し、政府はその一週間後、この計画を断念しました。直接の理由は迎撃ミサイルを打ち上げた際に切り離すブースター(推進装置)を、自衛隊の演習場内や海上に確実に落とせないことがわかり、改修に相当の費用と期間がかかるため、というものでした。

 3氏ともこの計画が、北朝鮮から飛来するミサイルに対して、我が国のミサイル防衛の根幹をなすものとして膨大な資金を投入して投入されたにもかかわらず、検証や次の防衛システムへの準備もなく、大臣の行動だけで国家的な大プロジェクトが中止になったことを問題視しており、こうした日本政府の行動を不意打ちと感じている米国関係者は多く、日本は、アメリカ人が理解できない理由で共同作戦を突然やめるかもしれないという一つの実例を作ってしまった、との意見も出されました。

 また、イージス・アショアを構成するレーダー設備等が米国の採用するものとも異なり、まだカタログ段階の未開発のものを日本が特注したという装備導入過程の不透明さも指摘され、この状況をしっかり総括しない限り、国民の理解を得ることは難しい、との厳しい意見が相次ぎました。その上で、計画は断念ではなく凍結し、将来のミサイル脅威に関して原点に戻って考え、最適なシステム選び直すことが優先であり、そのためにも、防衛省は今までのしがらみ、メンツを捨てて、より柔軟に対応していくべき、との声もありました。

イージス・アショア断念の理由はブースターの問題だけなのか


工藤:

 まず、議論の冒頭、工藤から、科学的知見に基づく検証もなく、思いつきで様々な政策が動き、膨大な血税がそれに使われていく、そして、それに対して誰も責任を取ることもなく、言葉だけで幕引きしてしまう状況に危惧が示され、今回のイージス・アショアの件も含めて、日本の統治の在り方を、きちんと考えていくべき時期ではないか、との問題提起がなされました。その上で、今回、イージス・アショア導入を断念した理由について、「本当にブースターの問題だけなのか」と問いかけました。


 元自衛官の香田氏は、地元に対する説明不足を一つの要因として挙げた上で、国民を守る自衛隊を統括する防衛省として、国民に対して嘘をついたということは大きな失敗だったと断じ、元自衛官として非常に残念だ、との心情を吐露しました。続けて香田氏は、防衛省が、現物がなく、カタログでしか存在しないSPY-7、管制システムのベースライン9相当、そしてSM-3 BLM-2Aを選定した理由として、性能は従来のイージス・アショアとほぼ同等で、後方支援などの面を総合的に判断すると、アメリカの新たな提案であるSPY-7の方が優れるという漠然とした理由だったと指摘。当時から、防衛に携わったOBや、軍事を専門に研究されている人たちが、「もう少し詳しい説明が必要だ」ということを、いろんな機会にメディアを通じて防衛省に要求したものの、明確に答えるだけの根拠をもった説明はなされなかったと語りました。


 香田氏の意見に対して中谷氏も、衆議院の委員会で防衛省に質問したものの、イージス・アショアの導入は機密事項で明確は説明はなされず、安全性や運用についても現物が出来ていない段階で、十分説明ができる状況ではなかったと当時を振り返りました。

 さらに中谷氏は、内局がイージス・アショアの候補地を決めるときに、グーグル・アースを使って調べていた等の実態があったことを指摘し、現場と離れた内局の人たちが計画を立案するのではなく、現場が計画して上に提案していくようなことが基本で、場所についても、もっと緻密に計画を立てて、住宅地の上を飛ばないような場所がないか、検証しないといけなかったと語りました。


 問題を報道する側の秋田氏も、契約されたイージス・アショアは本当に良いハードウエアだったのか、導入や維持費に5000億円近くかかり、さらに費用の増額が予想される装備自体の選定と、そのプロセスの透明性の問題と、地元への説明不足を挙げました。後者については、新しいシステムの導入にあたり、防衛ミサイルを使用し迎撃すれば、ブースターの落下や、放射能の飛散や破片が落ちてくると、批判があるにもかかわらず、その危険性を含めて説明しないと、国民の理解をえることは難しいと指摘しました。

国民の疑問に答えていけるようなシビリアン・コントロールに

 しかし、秋田氏は、今回の顛末は、長い目で見ると良かったのではないか、と語ります。その理由として政軍関係、シビリアンと制服組が連帯して、武器、兵器を調達し、どこで何をやるか作戦を練っていくということが重要であるにも関わらず、これまで、内局と制服組が緻密にすり合わせて議論する態勢の必要性もなかったし、そういうことに慣れていなかったことが、今回の背景の1つの要因となった指摘しました。一方で、「世論も慣れなければいけない」と述べ、ミサイルが命中しても、その破片やブースターが落ちてくるかもしれないし、撃ちもらしもあることを、ある程度、国民も理解していかなければいけない。そこでパニックになるのではなく、次善策も議論していく、といった世論の側の安全保障に対するリアリズムも必要だと語りました。

 中谷氏も続けて、ブースターが落ちるかどうか、河野大臣が米側に問い合わせて、「ブースターの落下を防ぐには2000億円かかる」、「あと10年かかる」と言われて断念したという話だが、大臣がそう判断する前に、制服組の各幕僚監部の担当者が「これはこういう性能、能力がある」と把握しながら国民の疑問に答えていくことこそ、シビリアン・コントロール、軍政と軍令の関係だと強調しました。

あわせて読みたい

「イージス・アショア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    原宿の竹下通りが「地方都市のシャッター商店街化」の衝撃

    内藤忍

    05月06日 16:17

  2. 2

    今も裁判で「三女アーチャリー」として…松本麗華氏を25年間も縛り続けるオウム真理教

    松本麗華

    05月06日 15:25

  3. 3

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    北米や中国で木材価格が高騰 日本は「買い負け」状態

    ヒロ

    05月06日 14:58

  6. 6

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

  7. 7

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  8. 8

    ワクチン接種は1日67万人ペースでないと年内に終わらない

    諌山裕

    05月06日 13:46

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    中国で大食い動画に罰金160万円の衝撃! 日本も検討するべき5つの理由

    東龍

    05月06日 19:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。