記事

国民民主党、立憲民主党との合流を決定 玉木代表「偏らない現実的な中道改革政党が必要」

共同通信社

国民民主党は19日、両院議員総会で立憲民主党との合流について採決を行い、賛成多数で解党と合流を決定した。

記者会見を行った玉木雄一郎代表は、総会では執行部から、新党を作ることを承認し、新党結成に向けて最後まで国民民主党全員での新党参加への努力を続けること、それが難しい場合には対応を代表・幹事長に一任することを提案し、これが賛成多数で可決されたと説明した。

玉木代表は「これによって2年余り続いてきた国民民主党の歴史に一つのピリオドを打つことになりました」としつつ、総会では同僚議員に対し「国民民主党の政策や文化は誇るものであって、それぞれ、どんな形になろうと、この思いをしっかりと引き継いでいってほしい」と伝えたことを明かした。

その上で、政策提案型の改革中道政党が「今の日本に一番必要だ」と強調し、「新しい党に加わる方も、そうではない方もこれを引き継ぎ、育み、これから日本のために、国民のために尽くしてほしい」と思いを語った。

玉木雄一郎代表の冒頭コメントは次の通り。

 
本日ですね、両院議員総会、またその前に全国幹事会を開いて立憲民主党との合流、新党の結成について今日お諮りをして、最終的な結論を得ました。まず執行部から、以下の通り提案を申し上げました。

政権交代に向けた、新たな大きなかたまりを目指し、国民民主党と立憲民主党との間において、幹事長、政調会長間協議を重ねてきた結果、別紙の新党綱領案、新党規約案、新党代表・党名・選挙規約案がまとまったことから、新党を作ることを承認するとともに、新党結成に向けて最後まで国民民主党全員での新党参加への努力を続け、全員参加が叶わない場合には、さらなる大きなかたまりに向け、円満かつ有効的に諸手続きが進むよう、その対応を代表・幹事長に一任すると。

これで決を採りまして、賛成多数で可決をされました。これによって2年余り続いてきた国民民主党の歴史に一つのピリオドを打つことになりました。

ただ、私は最後に挨拶で申し上げましたけれど、この間苦しい中ではありますけど、仲間とともに築き上げてきた国民民主党の政策や文化、これは誇るものであって、これからそれぞれ、どんな形になろうと、この思いをしっかりと引き継いでいってほしいということを同僚議員に伝えました。

私自身もですね、この政策提案型の改革中道政党の立ち位置は今こそ必要だと思っています。今の日本に一番必要なのは、こうした偏らない現実的な、まさに中道改革政党だと私は思っておりますので、この思いを新しい党に加わる方も、そうではない方もこれを引き継ぎ、育み、これから日本のために、国民のために尽くしてほしいということを最後にお願いして、今日の総会を終わりました。私からは以上です。

あわせて読みたい

「国民民主党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  5. 5

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  6. 6

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。