記事
  • ロイター

ドイツで来年初めに新型コロナワクチン接種開始も=当局者


[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツの医薬品規制当局パウル・エールリヒ研究所のシチュテク所長は、国内で来年初めにも新型コロナウイルスのワクチン接種が一部で開始できる可能性があるとの見解を示した。

シチュテク氏はファンケ新聞グループに、第1相と第2相の臨床試験のデータから、一部のワクチンによって新型コロナに対する免疫反応が生じることが示されたと述べた。

「仮に第3相試験でワクチンの有効性と安全性が確認できれば、最初のワクチンが来年初めにも恐らく条件付きで承認される可能性がある」と指摘。独予防接種常設委員会が設定した優先順位に従って国内で最初のワクチンがその時点で利用可能になると述べた。

ドイツでは過去数週間で新型コロナの感染が増えており、ロベルト・コッホ研究所の19日時点のデータによると、1510人増加し22万6914人となった。このうち39%は恐らく海外からの渡航者としている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  6. 6

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  7. 7

    エアロゾル警告を撤回「誤掲載」

    ロイター

  8. 8

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  9. 9

    岸部四郎さんの壮絶な借金地獄

    文春オンライン

  10. 10

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。