記事
  • 東龍

驚くべき5つの進化! 元祖バイキングの帝国ホテルがブッフェを再開

1/2
インペリアルバイキング サール(帝国ホテル 東京)/著者撮影

7月中に多くのホテルがブッフェを再開

7月に入ってから、ほとんどのホテルがブッフェを再開しました。

ブッフェはホテルの料飲部門において、売上の大きな部分を占めています。しかし、中長期的なコロナ禍の対策として政府の専門家会議が提言した「新しい生活様式」に対応するため、再開が遅くなっていたのです。

ブッフェなのに取りに行かない? 「新しい生活様式」に適応したホテル有名6店の工夫

記事で紹介したように、各ホテルが独自の工夫を凝らして、with コロナの時代に相応しいブッフェを提案しています。

多くのホテルが新たにスタートを切ったかのように思えますが、実は7月中にブッフェを再開しなかったホテルもありました。

帝国ホテル 東京は8月1日からブッフェを再開

インペリアルバイキング サール(帝国ホテル 東京)/著者撮影

7月中にブッフェを再開しなかったホテルの中でも、特筆するべきところといえば、帝国ホテル 東京です。

帝国ホテルは、1958年8月1日にブッフェスタイルの先駆けとなったレストラン「インペリアルバイキング」をオープンしたバイキングの元祖。2004年5月1日には大幅なリノベーションが行われ、「インペリアルバイキング サール」として生まれ変わりました。

そして、この「インペリアルバイキング」が生まれた日であり、日本記念日協会に「バイキングの日」として制定されている8月1日に「インペリアルバイキング サール」の営業が再開されたのです。

帝国ホテル 東京料理長を務める杉本雄氏が全体を監修し、業態が変わったかと思えるほど、様々な工夫が施されています。

38歳で400名の一流料理人トップとなる帝国ホテル 東京料理長に就任した杉本雄氏は何者なのか?

新しくなった「インペリアルバイキング サール」の大きな特徴は以下の通り。

  • 徹底的な三密回避
  • タブレットによるオーダーバイキング
  • モニターを設置して臨場感を演出
  • ディナーには特別な実演
  • 杉本氏が考案した新メニューが登場

それぞれを詳しく紹介していきましょう。

徹底的な三密回避

「新しい生活様式」を意識して三密がしっかりと回避されています。

席数を200席から100席へと半減させ、十分にソーシャルディスタンスを保てるようにしました。本館17階にある3つの料飲施設のオープン時間をずらして混雑を防いだり、入店に際して人数と時間に上限を設けたりするなど、ゲストが接触するような状況をできるだけ回避しています。

ブッフェ台にはアクリルカバー/著者撮影

店内の空気の入れ替えを1時間に2回から5回に増やしたり、ブッフェ台の全ての料理にアクリルカバーを設置したりもしました。

客席をくまなく消毒することに加えて、ゲストには入店時の手指消毒やテーブル以外でのマスク着用をお願いし、マスクケースも配布しています。

タブレットによるオーダーバイキング

左がシェフおすすめの冷前菜とパンのオードブルスタンド/著者撮影

着席するとまず、帝国ホテル伝統のダブルコンソメスープ、シェフおすすめの冷前菜とパンのオードブルスタンドが提供されるようになりました。このスタンドは今回のために新調されたものです。バイキングの祖先である「スモーガスボード」の流れを汲む珠玉のオードブルを嗜みながら次のステップへ。

「野菜たっぷり伝統のポークカレー」はライスを1人前・半人前・なしから選べる/著者撮影

各テーブルに1台置かれるようになったタブレットで、好きなメニューを注文すると、スタッフがテーブルまで運んで来てくれます。冷菜や温菜の盛り合わせでは食べたいものだけを選べたり、伝統のカレーではライスの有無や分量を調整できたりと、細やかにオーダーできるのは嬉しいところです。

自分好みにスタッフが調味してくれるサラダ、フルーツやケーキなどのデザートを除いてほぼ全てがタブレットで注文可能。ブッフェ台に赴く場合にはスタッフが取り分けてくれます。

タブレットの「バイキングの楽しみ方」/著者撮影

タブレットでは、料理やドリンクを注文できるだけではありません。バイキングコンシェルジュによって作成されたバイキングガイドなども見られるのです。

バイキングコンシェルジュとは、2014年に帝国ホテルが他に先駆けて始めた新ジャンルのコンシェルジュ。ブッフェの歴史やマナーから食べ方や楽しみ方までを熟知した、まさにブッフェのプロフェッショナルです。

左がマスクカバー、右が紙のメニュー/著者撮影

タブレットのコンテンツはメニュー紹介のほか、バイキングの歴史やマナーが学べるなど充実しています。タブレットでメニューを確認できますが、あえて紙のメニューが置いてあるところも、帝国ホテルらしいホスピタリティであるといえるでしょう。

ワインのワゴン台/著者撮影

スタッフがテーブルを回ってワインのペアリングを提案してくれるので、ワインとのマリアージュもより体験しやすくなったといえます。

モニターを設置して臨場感を演出

写真右奥には新しく設置されたモニター/著者撮影

着席したままなので、ブッフェならではの臨場感がなくなったように思えますが、そうではありません。

店内に4台ものモニターが新たに設置され、調理している様子を鑑賞できるようになったのです。モニターのおかげで、これまで以上に調理の迫力が感じられるようになっています。

わざわざモニターまで置いて、ブッフェのダイナミックさを演出しようとするホテルなど、他にありません。ブッフェ台に取りに行かなくなったからこそ考えられた、逆転の発想的なアイデアではないでしょうか。

あわせて読みたい

「帝国ホテル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

  4. 4

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  6. 6

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  7. 7

    菅首相の庶民派イメージは偽りか

    NEWSポストセブン

  8. 8

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  9. 9

    新立民に目新しさがないのは当然

    川名 ゆうじ

  10. 10

    羽生九段 2年ぶりにタイトル挑戦

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。