記事

日本船重油流出への対応

インド洋の島国モーリシャス沖で日本企業の大型貨物船が座礁し重油1千トン超が流出しました。一部は海岸部に漂着し、地元当局や住民が、懸命に除去作業をしている様子がニュースで報じられています。

貨物船を保有する長しき汽船(岡山県)は「責任を痛感しており、賠償については適用される法に基づき誠意をもって対応していく」と表明しています。

インド人の船長が、逮捕され、複数の乗組員がWiFiに接続しインターネットを利用するために島の近くを航行した、と供述している、とのことで、警察が事故当時の状況を捜査しています。二つに割れた船体の一部を沖合へ引航する作業が始まり、沖合で海中投棄する方針、ということです。

モーリシャスは、美しい海で有名で、もとに戻るには数十年かかるともいわれています。重油の被害は、重要な湿地を保全するラムサール条約に指定された区域にも及び、多様な生物が集まるマングローブの密林にも流れつき、除去は難航しています。

船をチャーターした商船三井の人たちが12日に現地に到着し、日本政府も油除去のチームからなる国際緊急援助隊を派遣し、更に環境省は環境の専門家なども送る考え、とのこと。

コロナの影響があることは理解しますが、座礁からすでに20日余り、重油流出から10日以上経っていて、日本の対応が遅いと思います。被害を受けたモーリシャスの要望をよく聞き、日本政府としても、可能なかぎりのことをすべきだと思います。

あわせて読みたい

「モーリシャス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  2. 2

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  3. 3

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  4. 4

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  5. 5

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  6. 6

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  7. 7

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  8. 8

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

  9. 9

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  10. 10

    尾身会長、提言は「プロフェッショナルとしての責任」

    ABEMA TIMES

    06月18日 20:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。