記事

8月19日は「バイクの日」 全国13行程でツーリングプラン実施中 「こち亀」本田速人特集も

[画像をブログで見る]

 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を掲げて15年、「日々勉強!結果に責任!」を信条に活動する参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 全国的に猛暑が続いています。熱中症と感染症の両方に十分注意をして、社会経済活動を実施して頂きたいと存じます。

 8月19日(水)は、「バイクの日」です。

由来は、平成元(1989)年、総務庁(現在、内閣府)交通安全対策本部は、交通事故撲滅を目的に、8月19日を語呂合わせで「バイクの日」に制定しました。全国では、この日を中心に、二輪車の安全運転講習会等を展開するようになりました。

さらに、一般社団法人日本二輪車普及安全協会では、二輪車の楽しさ、利便性、有用性など、より多くの皆様にご理解していただくために、毎年7~9月の3ヶ月間を「バイク月間」として、平成12(2000)年から開始されました。各地で数多くの活動を展開しています。

http://www.jmpsa.or.jp/bikegekkan/bikeday/

[画像をブログで見る]

https://bikeday2020.com/

●バイクは危険な乗物!? 今や一番安全に

(出所:交通安全白書令和2年版)

 以上の活動の成果もあり、交通事故は減少し、負傷者や死者も減少しています。特に、バイクは、危険な乗物という印象が強かったのですが、現在では、負傷者も死者数双方とも、一番低くなっています。今や一番安全な乗物と言えます。

 https://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/r02kou_haku/pdf/zenbun/1-1-1.pdf

●ETC二輪車ツーリングプラン実施中

19行程中13行程で実施中 (出所:各高速道路会社)

 私は、自民党オートバイ議員連盟に所属し、二輪車問題対策プロジェクトチーム(PT)の一員として、バイク製造大国に相応しい、バイクの販売回復、駐車場整備、三ない運動の解消等に取組んでいます。

その中で、バイクの高速道路料金が高いという課題がありました。議論する中で、国土交通省と各高速道路会社では、四論者と同様に、定額制のETC二輪車ツーリングプランを実施してくれるようになりました。

今年は3年目を迎え、7月22日(水)から11月30日(月)まで、全国19行程で実施予定でした。しかしながら、コロナ禍によって、首都圏の6行程の開始が見送られて、13行程での実施となりました。感染症対策を徹底して、「GOTOトラベル」と併用して、家族や仲間で出かけてみるのも良いのではないかと思います。

・詳細は https://www.e-nexco.co.jp/pressroom/head_office/2020/0721/00003960.html

 バイクは、コロナ禍の中で「新しい日常」に相応しい移動手段ではないかと思います。実際、通勤に使う方を多く見かけるようになっています。バイクのレンタル事業も拡充されています。

 今年は、コロナ禍のため、大阪で開催予定だった、官民一体の全国大会である「バイク・ラブ・フォーラム」が中止となってしまいました。だからこそ、さらに、戦後最悪の景気後退の中で、バイク製造大国に相応しいバイク文化の醸成に力を入れていきたいと思います。

あわせて読みたい

「バイク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

  4. 4

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  6. 6

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  7. 7

    菅首相の庶民派イメージは偽りか

    NEWSポストセブン

  8. 8

    新立民に目新しさがないのは当然

    川名 ゆうじ

  9. 9

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  10. 10

    羽生九段 2年ぶりにタイトル挑戦

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。