記事

「食料自給率38%」は結局どうなの?上がらない原因は意外にも家庭の食卓に - 山本謙治(農と食のジャーナリスト)

1/2
写真AC

さる8月5日、農林水産省から2019年度の食料自給率が発表された。カロリーベースの自給率が前年度より1%増加して38%に。生産額ベースの自給率はここ3年連続で据え置きの66%となった。

「いったいこの数字は私たちにとって良い結果なの、それとも悪い結果なの?」とわからないという人も多いだろう。そこで、食料自給率という数字についての解説をしながら評価していこう。【農と食のジャーナリスト・山本謙治】(やまけんの出張食い倒れ日記

食料自給率38%は良いか悪いか

食料自給率を一言で表せば「日本で供給される食料のうち、日本国内で生産された割合を示す指標」となる。大なり小なり日本の農林水産政策を検討する際のベースとなっている数字だ。

食料自給率とは「国内で消費された食料」を分母にし、「国内で生産された食料」を分子に置いたものである。これを、国内の生産量の統計や輸入・輸出統計などを組み合わせながら数字を求めていく。前述のとおり食料自給率には、カロリーベースと生産額ベースがあるが、多くの人はこの二つの数字が何を示すのか戸惑うことだろう。

カロリーベースというのは、人間の活動に使われるカロリーすなわち熱量で考える自給率ということ。食べ物はそれぞれ大きさや重量、含まれる栄養価が違うので、重量ベースで計算してもあまり意味がない。そこで、食べ物の評価軸として汎用的に使える「カロリー」に換算して表している。対して生産額ベースというのは、その食べ物が流通する価格で計算された自給率だ。

簡単に言えば、カロリーベースは”消費者側の自給率”といってよい。消費者が食べたものの何パーセントが国産かということ。対して生産額ベースというのは“生産者側の自給率”。食料の販売額の中で国内生産者の取り分が何パーセントかということ。確かに現在、消費者が食べているものの38%が国産で、その国産品は輸入食品よりは高いのが普通だから、生産者の取り分は割と高めで66%になっている。そう考えるとなんとなく納得がいく。

この二つの食料自給率のうち、数字が大きくとりあげられるのは前者のカロリーベースであることがほとんどだ。人間活動に重要なのはカロリーであって、その自給がどの程度できているのかという指標として、カロリーベース自給率が使われることが多いわけだ。これに対して「生産額ベースで見れば食料自給率は高いのだから、日本の農業は大丈夫」と結びつける人もいるが、そう簡単な話ではない。もちろん生産額ベースが重要な場面もある。例えば日本では野菜の自給率はかなり高いが、野菜のカロリーは非常に低いので、カロリーベース自給率の上昇には寄与しない。こうした品目はカロリーベースでは評価しづらいので、生産額ベースで経済価値を表現するのだ。

日本のカロリーベース自給率が低い理由は「消費者の選択」

写真AC

さて、このカロリーベースの自給率で38%という数字だが、これは高いのか低いのか。諸外国との比較で言えばダントツで低く、農林水産省が公表している13カ国の中で、韓国と並び最下位となっている。

(出典:農林水産省 「諸外国・地域の食料自給率等について」https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/013.html

ご覧のようにカナダ・オーストラリアという麦類の二大産地の自給率は200%を超えている。トウモロコシ生産のトップであるアメリカも131%と高く、EUの農業国であるフランスやスペイン、ドイツも非常に高い数字を誇る。日本より耕地面積の少ないスイスでも52%、日本と同じく島国であるイギリスは68%と健闘している。日本のカロリーベース自給率が50%を割ったのが奇しくも平成元年の49%で、それ以降ずっとこの状況が続いているのである。

ではなぜカロリーベース自給率がこんなに低くなってしまったのだろうか。平成20年度に内閣府が実施した世論調査では、当時の自給率(40%)に対し「低い」とする回答の割合が79.2%。将来の食料輸入に対し「不安がある」とする回答の割合が93.4%にのぼる。つまり、日本の国民は明らかに、ある程度の自給率を確保して欲しいと願っている。

しかし誤解を恐れずに言えば、カロリーベース自給率が上がらないのは「国民が、海外の食料を好んで食べている結果」である。つまり、先の世論調査で国民は低い自給率に不安を感じつつも、実際の食行動においては海外産の食料を選択してしまっているということなのだ。そういうと疑問を持つ人もいるだろう。日本ではコメ余りと言われる状況で、多くの日本人が国産のごはんを食べているではないか、と。

そこで下図をご覧いただきたい。「カロリーベースと生産額ベースの総合食料自給率(平成令和元年度)」というもので、品目ごとの自給率を変則的な多段棒グラフで示したものだ。

(出典:農林水産省 食料自給率の基本的考え方 https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/attach/pdf/012-16.pdf 7ページ目)

非常に情報量の多いグラフだが、左側が私たち国民の摂取している食べ物のカロリーの内訳を示している。各段で青く塗られているのが国産の割合、白が輸入の割合を表す。一番下段から見ていくと、「米」は国産がほぼすべてを埋める98%となっており、いまだにごはんがカロリー源の第一位であることがわかる。ホッとするかもしれないが、そこから上が問題だ。下から二段目、第二位のカロリー源は「畜産物(肉・卵・牛乳など)」だが、15%という数字の横に黄色く塗りつぶされた囲みで47%という数字がある。実は、単純に国内で生産されたものというなら、この数字を足し合わせた62%である。しかし日本の畜産は、餌となる穀物をほぼ海外に依存している。その餌となった輸入穀物分のカロリーが47%なので、これを除外すると畜産物はたったの15%しか自給していないということになるのだ。

そして第三位には、これにも驚く人がいるかもしれないが「油脂類」が位置している。日本人のカロリー源の第三位はなんと油なのである!しかも、その自給率はたったの3%しかない。その上にはコメと並び日本人が大好きなコナもの、つまり小麦粉があるが、これも17%しか自給できていない。パンやパスタ、うどんなどの麺類を食べるとき、83%は外国産の麦類が使われているのである。

ここ50年の日本人の食卓で激変したことといえば、畜産物と油脂、小麦の摂取量の増加なのである。なんのことはない、消費者の食卓の変化、消費者が食べたいと思う食行動自体が自給率低下を招いているのである。

「消費者が食べたいと思うものを食べているのが自給率低下の要因と言うなんて、けしからん!」と思われるかもしれないが、先ほど書いたようにカロリーベースは“消費者側の自給率”なのだ。

ちなみに、日本に住む人たちがごはんをもっと食べさえすれば、カロリーベース自給率は簡単に上がる。昭和50年代には一人年間120kgものコメを食べており、自給率は50%を超えていた。ところが平成28年のコメ需要量はその半分以下の54.4kg。日本で自給しているものを選択しないのだから、自給率が下がるのは当然のことなのだ。

あわせて読みたい

「食料自給率」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

  8. 8

    YouTubeで激変 芸能人第二の人生

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  10. 10

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。