記事
  • ロイター

「食べ残しやめて」、北京ダック有名店が要請 食品廃棄防止で


[北京 18日 ロイター] - 北京市に本店を置く北京ダックの有名チェーン「全聚徳」は顧客に対し、食品の廃棄を防ぐため、食べきれないほどの量を注文するのをやめるよう求め始めた。

北京市内の正陽門地区にある「全聚徳」は顧客に対し、人数に応じて、場合によっては人数よりも少ない品数を注文するよう要請しているという。

新型コロナウイルスの感染拡大による農産物サプライチェーンの寸断で食の安全確保に関する懸念が高まったことを受け、中国国内でも食品廃棄をなくそうとする運動が起きている。

中国の外食業界で廃棄される食品の量は年間1700万─1800万トン。これで3000万─5000万人分の食料が賄えるという。

習近平国家主席は先週、食品廃棄は「恥ずべき」慣習だとして、国を挙げて問題に取り組む姿勢を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  5. 5

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  6. 6

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。