記事

「コロナ禍に儲かって申し訳ない」そう言って取材を拒否する中小企業の本音

1/2

「自分だけ儲かって申し訳ない」。「日経MJ」で中小企業の経営コラムを連載している竹内謙礼氏は、最近そうした理由で取材を断られることが増えているという。竹内氏は「うしろめたさを感じてしまう心情は非常に理解できる。しかし行き詰まった雰囲気を打開するには、このままではいけない」という——。

緊急事態宣言下で、シャッターに一時閉鎖のお知らせを貼る店舗(東京・新宿)

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Fiers

「儲かっている話」が世に出てこない

「日経MJ」という流通業界専門の新聞でコラムを8年間連載している。

タイトルは「竹内謙礼の顧客をキャッチ」。全国の中小企業を毎週1社取り上げて、儲けの秘訣を取材し、それを原稿にまとめている。企業の選定から始まり、取材の申し込み、写真撮影、執筆、担当記者との内容確認、掲載紙の送付等、仕事は思いのほかハードだ。

しかし、それでも連載が続けられているのは、少しでも多くの人に、儲けのノウハウを伝えたいという使命感があるからである。今まで延べ400社近い企業を回り、日本で一番中小企業を取材した経営コンサルタントという自負もある。特にコロナ禍になってからは、できるだけ多くの企業に儲けの秘策を情報発信したいという思いで、今まで以上に必死になって取材を行っている。

しかし、ここ最近、取材のオファーを断られるケースが増えている。

断られる理由で一番多いのが「自分だけ儲かって申し訳ない」という経営者のうしろめたさである。宿泊業や飲食業は新型コロナウイルスの影響で大きな打撃を受けている。そのような中で、自分だけ「儲かってます」とは、心情的に言いにくい。先行きが見えない中で、多くの経営者がもがき苦しんでいる中、自分だけ儲かっているといううしろめたさを感じてしまう心情は非常に理解できる。

もちろん、取材を断る理由として「儲けのノウハウを人に教えたくない」という事情もあるかもしれない。そもそも儲け話は人に言いたがらないのが常であり、コロナ禍前から取材先の選定には苦労するところはあった。

だが、ここ最近は、さらに取材を拒まれる傾向が強くなり、以前よりも儲かっている話が世の中に出づらくなっている気がする。

「儲かって申し訳ない」雰囲気を変えたい

「儲かって申し訳ない」という後ろめたさを強く感じる風潮は、テレビの影響が大きい。連日、ニュースで疲弊する繁華街の映像が流されて、インタビューではネガティブな街の人の声ばかりが飛び交う。このような放送を毎日のように見せられてしまうと、気持ちがめいってしまう。商売がうまくいっている人でも、余計に「申し訳ない」という気持ちが強くなって、口を閉ざしてしまう。

しかし、このままでは、いつまでたっても情勢は変わらない。景気を急回復させるためには、「儲かって申し訳ない」という雰囲気を大きく変えていく必要がある。メディアは苦しんでいる企業だけではなく、コロナ禍でも儲かっている企業にもフォーカスして、まだまだ中小企業には底力があることを伝えてもらいたい。そして、取材された経営者も胸を張って「儲かっています!」と言えるような、ポジティブな社会に変換していかなければ、日本の中小企業は元気を取り戻すことはできない。

コロナ禍での「販促ノウハウ」の共有は急務

今、世の中は空前の「商売のノウハウ不足」である。

従来の商売が通用しなくなり、ビジネスの常識はこの半年間で大きく覆された。もう一度ゼロからノウハウを積み上げなくてはいけない状況だが、いかせん、目の前の売り上げを作るのが精いっぱいで、現場では定型だったノウハウが構築されていかない。

また、新型コロナウイルスの感染状況は刻一刻と代わり、昨日まで通用していた販促ノウハウが、今日になったら突然使えなくなることが日常茶飯事で起きている。ソーシャルディスタンスが求められる中、ネットやSNSの活用が肝となるが、専門知識が無いアナログな企業にまで情報が回らないため、今まで以上に商売の勝ち負けの差が開き始めている。

集客方法や販売方法が枯渇している中、中小企業同士の儲けのノウハウの共有は急務といえる。しかし、世の中の「儲かって申し訳ない」という雰囲気があるため、儲けのノウハウは世の中に出づらい状況がずっと続いている。

「ガンプラ」を売り始めた自動車販売店

行き詰まった雰囲気を打開するためにも、どんな些細なことでもいいので、コロナ禍で売り上げを作れる販促ノウハウを、商売人同士で共有してもらいたい。

例えば、私が日経MJで取材した山形県鶴岡市の自動車販売店「アローズ庄内中央店」は、東日本大震災の際、従業員を励ます思いで、スタッフが好きだったガンプラを仕入れて販売することにした。すると、お客様の中に「懐かしい」とガンプラを買い求める人が出始めて、次第にガンプラだけを買い求めるお客様も増えていった。やがて自分の店のスタッフがガンプラを好きだったように、車好きの人にはガンプラ好きな人が多いことが判明。ガンプラを購入した人が車を購入するケースも多くなった。

ガンプラを販売しているアローズ庄内中央店

ガンプラを販売しているアローズ庄内中央店 - 画像提供=アローズ庄内中央店

自動車は高額商品のため来店頻度が低くなるが、ガンプラのように車好きと相性の良い気軽に購入できる商品を取り扱うことでお店のファン客を増やした。その仕組みを構築したおかげで、コロナ禍でも大きく来店客数を落とすことなく営業している。

この手法は、コロナ禍でも有効な販促手法といえる。消費サイクルの短い低単価の商品を取り扱うことで、第二、第三の集客の柱を作ることは、高単価を取り扱う商売において、少ない投資で集客力を回復させる手段になる。

あわせて読みたい

「中小企業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  5. 5

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  8. 8

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。