記事
  • ロイター

6月機械受注7.6%減、反転の勢い続かず 7-9月期もマイナス続く

[東京 19日 ロイター] - 内閣府が19日に発表した6月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比7.6%減となった。ロイターの事前予測調査同2.0%増を大きく下回り、減少となった。プラスに反転した5月の勢いは続かなかった。

4-6月期は前期比12.9%の二桁減少、7-9月見通しもマイナスとなり、新型コロナウイルス感染症に伴う経済の停滞により、設備投資への慎重姿勢が続いていることを物語る結果となった。内閣府は、機械受注の判断を「減少している」に変更した。  機械受注統計は機械メーカーの受注した設備用機械について毎月の受注実績を調査したもの。設備投資の先行指標として注目されている。

民需の動向をみると、5月の前月比1.7%増の後、6月は同7.6%減となり、再び減少。受注金額は7066億円となり、前年から22.5%も減った。昨年同時期の2割減にまで落ち込んでいる。

今月は製造業が5カ月ぶりに増加となった一方で、非製造業(除く船舶・電力)は2カ月ぶりに減少。非製造業の前月の反転は続かなかった。

4-6月をみると前期比12.9%減の二桁減。4四半期連続の減少となった。緊急事態宣言で経済活動が抑制された影響がはっきりと表れた。

先行き7-9月期見通しも同1.9%減と、小幅ながらマイナスが続く。

外需は6月の前月比が同3.9%減、4カ月連続の減少。4-6月では前期比32.1%減となり、欧米での都市封鎖(ロックダウン)に伴い、需要が蒸発した形だ。先行き見通しも減少が続く。

*内容を追加しました。

(中川泉 )

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  5. 5

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  6. 6

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  7. 7

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  8. 8

    不祥事多い文政権が揺るがぬ理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。