記事

石橋貴明が破壊するYouTubeとテレビの壁 加速するYouTubeのテレビ化

1/2
およそ2ヶ月前、芸能界に激震が走りました。あの石橋貴明さんがYouTubeを開始したのです。タカさんの参入はテレビとYouTubeの関係を大きく変えようとしています。その変化を現役放送作家が考察していきます。


クロスボーダークリエイター・放送作家の谷田彰吾です! 普段は『バース・デイ』や『東京VICTORY』(ともにTBS系)といったテレビのスポーツ番組の構成をしつつ、YouTubeのプロデュースもやっています。現在は、元メジャーリーガーの上原浩治さんや、企業さんの公式チャンネルなどを担当しています。

毎月、芸能人のYouTubeについて考察させていただいておりますが、今月はあの超大物芸人さんのチャンネルについて書きたいと思います。とんねるず・石橋貴明さんが始めた『貴ちゃんねるず』です。

僕はテレビの放送作家でもありますが、バラエティど真ん中というタイプではありません。しかし、タカさんとは何度かお仕事させていただきました。TBSで放送したスポーツの特番『石橋貴明のスポーツ伝説…光と影』。スポーツ界に残る人間ドラマをタカさんが取材するという、なかなかハードなドキュメンタリー番組でした。スポーツ全般にとんでもない知識と熱量を持つタカさんだからこそ成立した番組で、スポーツ好きの谷田としては思い出深い番組です。

話が逸れましたが、『貴ちゃんねるず』はこれまでの芸能人YouTubeとは違った個性があり、僕はタカさんがYouTubeを「テレビ化」させるきっかけになると思っています。これまでYouTubeといえばテレビのカウンターカルチャー的な側面が強かったわけですが、それがテレビ化するというのはどういうことなのか? テレビとYouTube、両方で活動してきた僕なりに考察していきます。

テレビの申し子がYouTubeに 「部室」 を作った

Getty Images

石橋貴明さんといえば言わずと知れた芸能界の超大御所ですが、その足跡を振り返ると日本経済とテレビが最高に良かった時代と重なります。

とんねるずが世に出たのは素人オーディション番組。『お笑いスター誕生!!』など、当時はオーディション番組が盛んで、一般人がテレビに出ることがステータスという時代でした。漫才などの芸を磨き、寄席やライブで下積み生活を送り、実績を残してテレビに進出するということではなく、無名の存在からいきなりテレビ番組を使ってスターに成り上がったわけです。

その後の活躍は周知の通りで、『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』『ねるとん紅鯨団』『とんねるずのみなさんのおかげです』などのヒット番組を連発。さらに、お笑い芸人であるにもかかわらず音楽活動をスタートさせ、次々とヒットを飛ばしました。この型破りな活躍は、とんねるずが切り拓いた芸人さんの新しいスタイルです。

当時はテレビが流行の多くを作っていた時代。とんねるずは、まさに「テレビの申し子」と呼ぶにふさわしい存在でした。

タカさんはご自身の芸風をこう表現しています。

「部室芸」

もともと野球部の部室でチームメイトを笑わせるところから始まり、学生時代にやっていた悪ふざけをそのまま持ち込んだようなノリの笑い。

しかし、これが2000年代に入るとテレビにコンプライアンスの波が押し寄せ、どんどん窮屈になっていきました。例えるならば、テレビは学校。PTAや生徒の保護者から様々な意見が届き、部室芸ができなくなってしまった……といったところでしょうか。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了し、タカさんはゴールデンのレギュラー番組が消滅。そんな中、コロナ禍が背中を押すようなかっこうでYouTubeに進出しました。YouTubeは自分のチャンネルですし、テレビほど影響力が大きいわけではありませんが、スポンサーもいないので、やりたいことができます。つまりタカさんは、YouTubeに新しい「部室」を作ったのです。

ここまで読んでいただくと、「YouTubeのテレビ化というより、テレビスターがYouTube化したんじゃないの?」と思われる方もいるかと思います。 では、この現象が続いていくと、YouTubeにはどんな変化が出てくるのでしょうか?

YouTubeの視聴者層を変えた石橋貴明とあの芸人

8月10日現在、『貴ちゃんねるず』のチャンネル登録者数は117万人。動画18本で叩き出した再生回数は、36,134,350回。平均再生回数はざっと200万回です。さすがは天下の石橋貴明。大御所と呼ぶにふさわしい数字です。

そんな中、僕がここで重要だと思っているのは、117万人という数字よりも「中身」。つまり、117万人の性別や年齢です。僕は『貴ちゃんねるず』のスタッフではないので正確なことはわかりませんが、視聴者にはおそらく40〜60代が多いと思います。

58歳というタカさんの年齢を考えれば当然だと思うかもしれませんが、これは画期的なことです。「YouTubeで動画を見る」という習慣があるのは、主に10〜20代。30代はテレビとYouTubeのハイブリッド世代で、40代以上は完全にテレビ文化。「毎日1時間以上YouTube見ます」という40代以上はなかなかお目にかかれません。しかし、タカさんはこの40代以上という新しい視聴者層をYouTubeに連れてきたのです。

それは、コメント欄を見ても一目瞭然です。「とんねるずがど真ん中の世代です」「我らのカリスマ」「今までYouTube見なかったけど貴ちゃんねるず見てからYouTube見るようになった」などなど。

さらに目立つのは、「100万再生いくように何回も見てます」「タカさんのためにCM見ます」といったコメントは実に献身的、もはや信者。それだけ多くの石橋貴明(またはとんねるず)ファンが存在しているわけです。

視聴者の幅を広げたという意味では、忘れてはいけない人物がいます。オリエンタルラジオの中田敦彦さんです。『中田敦彦のYouTube大学』は現在275万人の登録者がいますが、この中にも40〜60代が多く含まれていると推測できます。

中田さんのチャンネルは「教養」がテーマ。大人がおもしろおかしく学べる動画がラインナップされているため、登録者の中にはビジネスマンが多数。「これまでYouTubeは見なかったけど中田さんはタメになるから見る」という人が多くいます。

中田さんがYouTubeを本格的に開始したのが去年の4月。この1年でテレビとYouTubeの関係は大きく変化し、40〜60代といった新しい視聴者層も少しずつ開拓されました。その下地があった上で、バブル世代のカリスマがYouTubeに降臨したというわけです。

もちろん、中田さんの視聴者がそのままタカさんの視聴者とは思いません。内容が大きく違いますから。しかし、コロナによる自粛期間も影響し、世間のエンタメ消費行動に変化が起きているのは確かでしょう。

上記の通り、40〜60代はテレビで育ち、今もテレビを見ている世代。彼らがYouTube上に多く存在するとなれば、この世代向けのチャンネルや動画が増えるのは明白です。

客が増えれば広告が増え、スポンサーが現れます。従来の個人チャンネルだけでなく、テレビのようにスポンサーがお金を出してタレントが出演する「番組チャンネル」も誕生すると思います。そうなるとビジネスの構造も内容もテレビ化の方向にシフトしていく。僕はタカさんがその象徴になるのではないかと推測しています。

そして、YouTubeのテレビ化を進めるのは視聴者層の変化だけではありません。無視できないのが動画の作り手の変化です。

あわせて読みたい

「石橋貴明」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。