記事
  • ロイター

台湾・可成科技、2事業を中国企業に14億ドルで売却


[台北/上海 18日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のサプライヤーの台湾企業、可成科技(キャッチャー・テクノロジー)<2474.TW>は、2事業部門を14億3000万ドルで中国の藍思科技(レンズ・テクノロジー)<300433.SZ>に売却することで合意した。

可成科技は、iPhoneなど向けの金属筐体(きょうたい)を製造する。

先月は同じくアップルサプライヤーの緯創資通(ウィストロン)<3231.TW>が中国の2工場を立訊精密工業<002475.SZ>に33億元(4億7700万ドル)で売却することで合意している。

アナリストは、米中貿易戦争でサプライチェーン(供給網)の再編が起こる中、中国企業はiPhone製造網に参入しようとしていると指摘した。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。