記事
  • ロイター

台湾・可成科技、2事業を中国企業に14億ドルで売却


[台北/上海 18日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のサプライヤーの台湾企業、可成科技(キャッチャー・テクノロジー)<2474.TW>は、2事業部門を14億3000万ドルで中国の藍思科技(レンズ・テクノロジー)<300433.SZ>に売却することで合意した。

可成科技は、iPhoneなど向けの金属筐体(きょうたい)を製造する。

先月は同じくアップルサプライヤーの緯創資通(ウィストロン)<3231.TW>が中国の2工場を立訊精密工業<002475.SZ>に33億元(4億7700万ドル)で売却することで合意している。

アナリストは、米中貿易戦争でサプライチェーン(供給網)の再編が起こる中、中国企業はiPhone製造網に参入しようとしていると指摘した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  2. 2

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    「半沢直樹」描かれる銀行の今昔

    大関暁夫

  5. 5

    深夜の出迎えに河野氏「ヤメレ」

    女性自身

  6. 6

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  7. 7

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  9. 9

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    正恩氏の動向を報道中に北で停電

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。