記事

モーリシャスの環境汚染を日本の援助隊が報告 首相「日本と協力したい」

1/2
ホテル付近の海岸に漂着している油(提供=JICA、8月16日)

日本の貨物船の座礁事故で油が流出し、深刻な環境問題に直面しているインド洋の島国モーリシャスに派遣されている日本の国際緊急援助隊が18日、オンラインで記者会見を開き、現地の状況や今後の見通しを報告した。

現在、日本から同国に派遣されているのは外務省や海上保安庁、国際協力機構(JICA)の専門家6人。フランスやインド、国連から派遣された専門家で組織された国際チームのなかで、現地調査や流出した油の防除に関するアドバイスなどを行なっている。

会見では胡摩窪淳志団長(外務省大臣官房在外公館課)が、海上に漂流した油は回収が進み、目視ではほぼ確認できない状態になっていことを説明。今後はビーチやマングローブ林、湿地帯などに漂着した油の回収方法や環境への影響が対策の焦点になるという。

胡摩窪団長は「モーリシャスの生態系は多様性があり豊かだが脆弱。環境の回復を10〜30年の長期的なスパンでみていかないといけない」と話した。

外務省は支援のために環境省や国立環境研究所などの職員7人を19日に追加派遣するとしている。

ビーチやマングローブ林などが汚染 環境への影響見通せず


汚染されたマングローブ林(提供=JICA、8月14日)

貨物船は7月25日に座礁。8月6日に約千トンの燃料油が破損したタンクから流出し、15日午後、船体が二つに割れ再び油が流れ出ていた。

同隊は記者会見で「海上の油の回収はほとんど終わり、今後、現地の生態系を考えながらビーチやマングローブ林、湿地帯に漂着した油を回収していくフェーズに移っている」と説明した。

ビーチなどに漂着した油の回収は現地や国連のボランティア、モーリシャスの沿岸警備隊や警察機関が進めているという。

マングローブ林に関しては、根に油が付着している状態が確認されたが、ポンプや高圧洗浄機といった機械を使用して洗浄することが可能なのか、薬剤などを使った対処が可能かなど、環境への影響を鑑みながら、議論を進めていくとした。

こういった状況を受け、現地からは環境分野に関する専門家を求める声が上がっており、日本の外務省も環境省などの職員らを追加で派遣するとしている。

胡摩窪団長は「地域住民や環境の負担をできるだけ少なくしながら、流れ着いた油をどう処理していくのか、今後、各機関が話し合いを進めていく。今の時点ではどんな展開になるのかわからないが、確実なのはモーリシャスの生態系は多様で豊かだが脆弱。10〜30年の長期的スパンでみながら、環境の回復につなげていかないといけない」と話した。

あわせて読みたい

「モーリシャス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ワクチン2回打てば安心」と思い込む高齢者が引き起こす社会の不和

    NEWSポストセブン

    09月19日 19:43

  2. 2

    目に見えないコロナとの戦いには「孫子の兵法」が有効

    自由人

    09月19日 22:49

  3. 3

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  4. 4

    自民党総裁選の4候補者が討論会 基礎年金と原発ゼロめぐり河野氏に質問が集中

    安倍宏行

    09月19日 15:05

  5. 5

    ヒートアップする総裁選 すべては菅首相と二階幹事長の決断のおかげ

    早川忠孝

    09月19日 15:35

  6. 6

    敬老の日 自民党総裁選⑺ 年金改革 河野氏提案の最低保障年金導入で消費税大増税???

    赤池 まさあき

    09月20日 08:28

  7. 7

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  8. 8

    恒大集団(エバーグランデ)破綻で中国不動産バブル崩壊か

    藤沢数希

    09月19日 09:40

  9. 9

    笑い話では済まなかった商標の世界の仁義なき戦い。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月20日 08:37

  10. 10

    中国の狙いは“人民元”拡大と知財保護? TPP加入なら専門家「今後は日本のメリットになっていく」

    ABEMA TIMES

    09月19日 12:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。