記事
  • ロイター
  • 2020年08月18日 19:55 (配信日時 08月18日 19:50)

中国、実質金利上昇が景気回復へのリスクに=S&P


[上海 18日 ロイター] - 大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは18日、新型コロナウイルスのパンデミックからの中国経済の回復が、金利上昇とインフレ鈍化による実質金利上昇によって阻まれる可能性があるとの見解を示した。

S&Pのエコノミスト、シャウン・ローチェ氏とビシュルト・ラナ氏はリポートで、アンバランスな回復、弱い民間需要、市場の過度な楽観論が相まって実質金利を押し上げ、金融の状況がタイト化し債務返済コストが上昇していると指摘。

「実質金利の上昇が加速すれば中国経済が回復軌道から外れる可能性がある」とした。

株高と国債増発により指標金利が上昇し、社債利回りを押し上げている。指標10年債利回り<CN10YT=RR>は4月下旬は2.5%付近だったが、18日は2.9432%となっている。

最近は鉱工業生産や輸出が持ち直し、持続的景気回復期待が台頭しているが、そうした回復は「異例の政策支援」に依存しており、消費行動、サービス業、民間企業は出遅れているとレポートは指摘。

「消費者が支出し始め、民間企業が投資を拡大するまで、回復が自律的だとか、刺激措置を大幅に縮小してもやっていけると論じるのは時期尚早だ」と述べた。

中国人民銀行(中央銀行)は、広範囲な政策緩和には踏み込んでおらず、中銀高官は景気は順調に回復しているとして、政策緩和を強化する必要はないとの認識を示している。

リポートは、最近の短期レポ金利の上昇は、政策当局者が一部緩和措置の縮小を問題ないとみていることを示唆すると指摘した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  5. 5

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  6. 6

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  9. 9

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  10. 10

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。