記事

マーケットからの警告

マーケットつまり市場には、いろいろな機能がある。 需要と供給の調整とか、価格発見機能とか、等々。

忘れてはいけないのが、市場のウオーニング(警告)機能である。 経済合理性への回帰を促す働きといってもいい。

経済合理性? そう、マーケットがオープンで、その運営が公平公正であればあるほど、世界中から不特定多数の参加を得る。

不特定多数の自由なる参加を得て、その時々の需要と供給の力関係が調整されていくことで、公平公正な価格が形成される。

その価格情報をベースに、次なる経済活動を誘引することになる。 きわめて合理的な経済活動の促進を支えていくわけだ。

ところが、時として需要あるいは供給の力がどちらか一方に、大きく偏った価格形成をしてしまうこともある。

経済合理性からあまりにかけ離れると、マーケットはウオーニングを発し、その偏りにブレーキをかける働きをする。

たとえば、放漫財政で国債を大量発行するとしよう。 そのニュースに接するや、マーケットは国債の供給過剰を警戒する。

つまり、市場に流通している債券に売りが出てきて、市場金利の上昇を招く。 それはそのまま、国債の発行金利を押し上げることになる。

発行金利が上昇すれば、国債を発行しようとする側にとってはコスト高となる。 その結果、発行額を減らしたり、発行を断念することになる。

これが、マーケットのウオーニング機能であり、経済合理性をベースとした需給調整が自動的になされるわけだ。

ここからが、今日の本論である。 マーケットのウオーニング機能が抹殺されて久しい。 極めて危険な結果をもたらすことになろう。

すなわち、日本では1995年からの超低金利政策、世界ではリーマンショック後のゼロ金利政策をどんどん深堀している。

各国やその中央銀行が止まることを知らない金融緩和政策に走っており、マーケットのウオーニング機能を抹殺してしまっているのだ。

それをよしとして、各国はタガの外れたように財政支出を拡大するは、国債を野放図に発行するはに、まったくブレーキがかからない。

このままだと、行き着くところまで行ってしまって、みなまとめて奈落の底へ落ちていくことになろう。

われわれは、どうやって浮いていようか? そこが、長期投資の真価発揮である。

あわせて読みたい

「日本経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  5. 5

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  6. 6

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  7. 7

    五輪開会式 深夜の子ども出演が波紋…橋本聖子が4日前に任命

    女性自身

    07月25日 08:51

  8. 8

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  9. 9

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  10. 10

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。