記事

コロナ失職「やることないからパパ活」始めたキャバ嬢の末路

キャバクラ嬢として稼いだ自信があったのに(イメージ)

 2014年ごろからSNSを中心に広まった「パパ活」は、最近では専用アプリやサイトも登場し、さかんに利用されている。ところが、最近では支援してくれるパパを募集する女性が男性よりも多いのではないかと言われる状況もあり、女性にとって辛いばかりの結果しか出ないことが少なくない。新型コロナウイルスによって仕事を失い、パパ活に参入した元キャバ嬢についてライターの森鷹久氏がレポートする。

【写真】パパ活もうまくいくと思っていた

 * * *

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本全国のいわゆる「夜の街」が壊滅的なダメージを受けているのは周知の通り。どんなに対策を取っても客は来ず、それならばと廃業を決めた店舗も少なくない。

「5月分の給与も支払われず、最後は喧嘩別れのような感じで店を飛び出しました。辞めたからといって他に仕事があるわけでもなく、地方にある実家に戻ろうとしても、東京から帰ってくるのはやめろと親に言われてしまいました」

 東京都港区のキャバクラ店勤務だった瀬戸かおりさん(仮名・20代後半)が店を辞めたのは今年6月。コロナの影響で客が減り続け、給与の未払いもあったことから、これ以上はやれないと感じてのことだった。大学を卒業後、新卒で入社したエステ店は1年ほどで退職。それから5年ほどを、夜の街一本で過ごしてきた。

「最初は池袋の安いお店、そのあと渋谷、歌舞伎町と店を移って銀座や六本木に来ました。収入は多い月で120万円くらい。ホストに行ったりもしないし、貯金はワンルームマンションが買えるくらいはあるので、将来のことなどほとんど考えてきませんでした。この後何をやっていいかわからず不安で……」(瀬戸さん)

 コロナ禍によって無職になり、初めて自分の置かれた現実と対峙した瀬戸さん。アルバイトをしようにも仕事はなく、仕事を探そうにもスキルがなく、途方に暮れた。そこで知り合いから教えてもらったのは「パパ活」だった。

「その子もずっとキャバ一本でやってきた子で、やることがないからパパ活やってるって感じで。体の関係持たずに、デートとかご飯だけでも本当にお金がもらえるっていうので、出会い系アプリに登録してやってみたんです」(瀬戸さん)

「パパ活」とは、主に若い女性が、自身の生活をサポートしてくれる「パパ」を探す活動をすること。言葉だけを見ると、返済不要の奨学金をプレゼントしてくれる「あしながおじさん」を彷彿とさせ、瀬戸さん自身も、自身の「オンナ」を売りにして楽に稼げるものだと考えていたが、実態はもちろん違う。

「一応夜の街で、体一つで稼いできたという自負もありました。私をサポートしてくれる人がいるのだと思い、いろんな人と会いました。ただ、パパのほとんどは体目的の人ばかり。デートや食事中に『大人はどう?』と持ちかけられ断ると、レストランの食事代も支払わずバックれられたり、財布からお金を抜き取られて逃げられたり、そんなことばかりです」(瀬戸さん)

 結局、体の関係を結ぶことなく援助をしてくれた男性は一人もいなかった。一回会うごとに体を合わせ、2万円から3万円の現金を手渡してくれる男性は数人出来たが、自身のプライドは形がわからなくなるほどまで削られた。瀬戸さんがやっと気づいたのは、自分の考えの「都合の良さ」だった。

「パパとか言いながら、結局は私にお金をくれる人を探していただけでした。体の関係がなければより良くて、ご飯とデートで相手も喜んでくれるはず、という思い上がりです。あちらだって当然、私のことを『体』としか見ていない。パパ活という言葉、すごくカジュアルに使われていますが実態は売春そのもの」(瀬戸さん)

 キャバクラ嬢時代は、店を介して会う分、まだ客とキャバ嬢という関係が保てたし、性的な目で見られようと仕事なのだと割り切れた。現在は、自分の体や時間をモロに削りながら、相手の黒い欲望のはけ口となることで金を稼ぐしかないのだ。それでも、もうパパ活以外にやること、やれる事がなく、不安は増大するばかり。

「SNSなどで怪しいパパの情報を共有し、注意喚起を行いあったりして、今もパパ活を続けています。ただ、いつまでもこういうことはできないし、自分がダメになっていっているのは、よくわかっています。自分を大切にしていないのが自分だというふうにはっきり分かるようになりました」(瀬戸さん)

 コロナ禍で浮き彫りになった現実。そしてその現実の中で、もがいていた瀬戸さんだったが、筆者の取材の後ほどなく、実家に帰ったと連絡が入った。睡眠薬を大量に摂取したことから家族に心配され、連れ戻されたのだという。

 パパ活が悪いとは言わないし、第三者に管理されない、本人の意思に基づく売春は違法ではない。ただ、パパ活が自身の糧になっているのか、自分を大切している行為なのかは、ぜひしっかり考えて欲しい。自分自身を幸せにするのも不幸にするのも自分次第、あえて不幸になるような選択はするべきではないのだ。

あわせて読みたい

「パパ活」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキ多様性広告 日本で大反発

    BBCニュース

  2. 2

    行政批判した旭川の病院に疑問点

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  4. 4

    扇動行為ない周庭氏を封じた中国

    新潮社フォーサイト

  5. 5

    渡部会見に厳しい声 児嶋も重圧

    女性自身

  6. 6

    日本の外交に感じられる弱体化

    ヒロ

  7. 7

    「TVより動画」霜降り明星の感性

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    欧米との差 医療崩壊は政府次第

    青山まさゆき

  9. 9

    秋篠宮さま誕生日に職員2名辞職

    文春オンライン

  10. 10

    科学軽視の感染症対応変われるか

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。