記事
  • ロイター

訂正-新型コロナウイルス、変異で感染力高まるが致死率低下も=専門家


[シンガポール 18日 ロイター] - 欧州や北米、アジアの一部でよく見つかっている新型コロナウイルスの変異したタイプについて、感染症の専門家は感染力が強まる一方で致死率は下がっているとの見方を示している。

シンガポール国立大学病院(訂正)のシニアコンサルタントで、国際感染症学会(ISID)のプレジデントに選出されたPaul Tambyah氏は、ロイターに対し、世界の一部地域での「D614G変異」のウイルス拡散が致死率の低下と一致している証拠があり、致死性が相対的に低いことを示唆すると指摘。「より感染力があるが致死率は弱まったウイルスの発現は良いことと言えるだろう」と述べた。

同氏によると、大半のウイルスは変異に伴い毒性が弱まる。「ウイルスは栄養を取り、生きていくためには宿主が必要。だからより多くの人に感染するが、感染した人を死に至らしめないのが、ウイルスにとって得だ」という。

新型コロナウイルスは2月に変異が発見された。世界保健機関(WHO)によると、変異したウイルスは欧州や南北米州で広がったが、変異によって毒性が強まった証拠は見つかっていない。

マレーシアの保健省の高官、Noor Hisham Abdullah氏は16日、最近発生した2件のクラスター(集団感染)はD614G変異とみられるウイルスが検出されたことを受け、より一層の警戒を呼び掛けた。

シンガポール科学技術研究庁のSebastian Maurer-Stroh氏は、同国でもD614G変異が見つかったが、感染防止策を取り、大規模な流行は防いだとしている。

Noor Hisham氏は、D614G型は感染力が10倍強くなっており、現在開発中のワクチンでは対応できない可能性があると指摘した。

しかしTambyah氏やMaurer-Stroh氏は、そのような変異をしても、開発中のワクチンの効果を下げるほどではないという見方だ。

Maurer-Stroh氏は「変異してもウイルスは大体同じで、我々の免疫システムが一般に認識する分野は変わらない。開発中のワクチンに影響はないはずだ」と語った。

*2段落目の「シンガポール国立大学」を「シンガポール国立大学病院」に訂正します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  5. 5

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  6. 6

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  7. 7

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  8. 8

    不祥事多い文政権が揺るがぬ理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。