記事

コロナで自然災害が起きても支援もボランティアも来ないー備えを十分に

九州豪雨被災地が大変なことになっているらしい。なぜならコロナを懸念し、県外ボランティアも県外メディアもお断り姿勢だからだ。

そのため被災から1ヶ月以上過ぎても復旧復興がまるで進んでいないようだ。

2011年東日本大震災をきっかけにボランティアに行く人が増え、行政でまかなえない部分を一般のボランティアがまかない、復旧復興が進んだ。

その後も各地で災害が起きるとお互い様の精神でボランティアが駆けつけ、被災地支援に役立ったのです。

しかしコロナで県外ボランティアお断り雰囲気のため復旧復興が進まない。ボランティアが行けばSNSに投稿され、それを見た人がボランティアに行ったり行けなくても惨状を見て物資やお金を支援する動きにつながるが、県外の人が行きづらい雰囲気なのでそうしたことも期待できない。

結果被災地復旧復興がまるで進まなくなる。これ大変なことです。被災地におけるボランティアの役割は大きく、それで助かる被災者もいる。でもそれがない。

県外来るな雰囲気のためメディアも現地取材しにくく報道量も減るとますます被災地は忘れられ復旧復興が進まなくなる。

みなさんも他人事ではなくみなさんの地域で今、自然災害が起きたら九州豪雨被災地と同じになる。ボランティアが来ない。支援が来ない。復旧復興が進まない。進まない間にさらに災害がおそって立ち直れなくなる。

コロナ状況下で自然災害が起きると、県外支援が激減してしまうということです。

だからぜひ備えを今まで以上にしっかりしてほしいのです。たいした備えがなくても、コロナがなければ支援はたくさんきたけど今は支援がほとんど来ないかもしれない。

来るけど少ないかもしれない。遅いかもしれない。泥のかきだしとか片付けとかもまるで進まない。すべて自分たちでやらなければならない。

コロナで自然災害が起きると今まで以上に大変になることを覚悟した上であらかじめ備えを十分にしておきたい。

あわせて読みたい

「災害」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    村感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  2. 2

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  3. 3

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  4. 4

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  5. 5

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  6. 6

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  7. 7

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  10. 10

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。