記事

米津玄師の魅力を菊地成孔氏が分析「超欧米化の極例」

1/2
新作アルバムはミリオンヒット(公式HPより)

 シンガーソングライターの米津玄師(29)による2年9か月ぶり5枚目のアルバム『STRAY SHEEP』が国内外で大きな反響を巻き起こしている。CD不況と言われる今の時代に、なぜ彼は世界中のリスナーを虜にすることができたのだろうか。

 8月5日にリリースされた同アルバムは、初週のオリコン週間アルバムランキングで88万枚の売り上げを達成。同じくオリコンの週間デジタルアルバムランキングでは史上初となる初週10万ダウンロード超えを果たしている。さらにiTunesのリアルタイムランキングでは発売直後に日本を含む24か国・地域でランクイン。異例の大ヒットを記録していると言っていいだろう。

 TBS系のテレビドラマ『アンナチュラル』のテーマソングとして書き下ろされた「Lemon」や、子供から大人まで幅広い世代を魅了した「パプリカ」のセルフカバーなど、米津の人気を決定づけた代表曲が数多く収録されていることもヒットの要因であるには違いない。だが、アルバムにはライト層のリスナーだけでなく、コアな音楽ファンをも唸らせる仕掛けが随所に施されているのである。

 なかでも今回のアルバムの大きな特徴となっているのは、米津と同世代であり現代クラシック音楽の分野で活躍する作曲家・坂東祐大(29)が大半の楽曲で共同アレンジャーとして参加していることだ。これまで作編曲は米津自身が手がけることが多かったため、新たな挑戦に踏み出したと言える。

 また「馬と鹿」での緻密かつ壮大なストリングスのオーケストレーションをはじめ、坂東が主宰するアンサンブル集団Ensemble FOVEが参加していることも見逃せない。ボーカルにデジタルクワイアと言われるエフェクト(音響効果)を施した幻想的な響きから幕をあける「海の幽霊」でも、ストリングスがポスト・クラシカルなサウンドを生み出すことに貢献している(*注)。

【*注:ポスト・クラシカル/近年、世界中で注目を集める音楽ジャンルの一つ。大まかには、伝統的なクラシック音楽に電子楽器などを取り入れる演奏形態や楽曲などを指す】

 さらに米津にとって初の試みでもあるホーンセクションを導入した「感電」では、楽曲の後半で気鋭のジャズ・ドラマーの石若駿(28)によるテクニカルでフリーな演奏が披露されるなど、クラシックだけでなくジャズに通じる楽曲も収録されている。「迷える羊」で繰り返されるピアノ・フレーズも、現代的なジャズの香りを漂わせている。

米津が目指すは「日本と欧米の中間のところ」

 こうした欧米のさまざまな音楽的要素を違和感なく活用できることは米津の強みでもある。2017年にリリースされた前作『BOOTLEG』でも、現行のR&Bやヒップホップなど海外の最先端のポップスのサウンドをJ-POPのフォーマットに落とし込んでいた。その際に受けたインタビューで彼は次のように述べている。

「日本の外で巻き起こっているポップシーンとか、見ていて面白いじゃないですか。なのに、自分の身の回りには、そういうところに目を向けている人があんまりいない。よく日本を表す言葉として言われる“ガラパゴス”には、それはそれなりの美しさがあると思うけれど、『もっと面白いことがあるのにな』っていう感じは、自分のなかにあるんです」(『Real Sound』2017年10月30日付インタビュー記事)

 一方、米津はBUMP OF CHICKENをはじめとした日本のロック・バンドから多大な影響を受けたことも公言している。またキャリア初期から和楽器のサウンドを取り入れるなど、あくまでも日本というアジアの島国で生まれ育ったことと向き合いながら海外の文脈を昇華しようとしてきたのである。先のインタビューの続きで彼は次のように語っている。

「でも、俺は日本で生まれ育って、日本人としてJ-POPが作りたいと思っているし、自分の身の回りの人間に向けて何かやっていきたい、とも思っていて。ずっと一貫しているのは、その引っ張り合いですね。海の向こうで巻き起こっていることの文脈を借りながら、日本人として生まれ育ってきた懐かしさとの引っ張り合いになりつつ、その中間のところにたどり着くにはどうしたらいいかって考えるようにしていて」(同前)

 今回のアルバムでも、欧米の音楽的要素がありつつも、「Flamingo」で民謡を彷彿させる節回しを披露したり、「パプリカ」のセルフカバーで三味線や笛を効果的に取り入れたりしている。まさしく日本と欧米の「中間のところ」が目指されているのである。そんな米津の魅力について、著書『CDは株券ではない』(ぴあ)でJ-POP批評を手がけたこともあるジャズ・ミュージシャンで文筆家の菊地成孔氏は次のように指摘する。

あわせて読みたい

「米津玄師」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  3. 3

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  4. 4

    ファミレスでマスクなしは当たり前?世間の「普通」がわからなくなった日

    田野幸伸

    09月16日 12:15

  5. 5

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  6. 6

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  7. 7

    【会見全文】野田聖子氏が総裁選出馬を表明「他候補者の政策に小さき者、弱き者を奮い立たせるものなかった」

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:14

  8. 8

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

  9. 9

    適切な言葉遣いは、身を助ける防具にも敵を排除する武器にもなる

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    09月16日 22:45

  10. 10

    菅首相はもっと評価されていい 仕事師内閣らしい仕事ぶり

    早川忠孝

    09月16日 16:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。