記事
  • ロイター

NY市場サマリー(17日)ナスダック最高値更新、ドルは下落

[17日 ロイター] -

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落した。リスクオンの動きで安全資産の買い意欲が弱まり、米株市場ではナスダック総合<.IXIC>が最高値を更新したほか、S&P総合500種<.SPX>も最高値にあとわずかに迫った。

ドル指数<=USD>は0.21%安の92.817。一方で同じ安全資産の円<JPY=>は0.56%高の105.98円と、1週間ぶり水準に上昇した。

マニュライフ・インベストメント・マネジメントのポートフォリオマネジャー、チャック・トメス氏は、「ドル相場ではリスクオンの動きが継続しており、ドルが売られている」とし、薄商いだったことも変動を増幅したと述べた。

米ニューヨーク連銀がこの日公表した8月の同州製造業業況指数は3.7と、前月の17.2から大幅に悪化した。予想の15も大きく下回った。

これを受け、ドルは朝方に小幅で推移し、午後に下げ幅を広げた。

<債券> 米金融・債券市場では国債利回りが低下した。先週は新型コロナウイルス対策の資金調達で総額1120億ドルの国債入札が実施され、国債利回りは上昇。市場では今週実施される国債入札が引き続き注目されている。

終盤の取引で10年債<US10YT=RR>利回りは2.6ベーシスポイント(bp)低下の0.6833%。

BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)のストラテジスト、ベン・ジェフリー氏は「先週の利回りの動きを受け、テクニカルな観点からだけでも、今週は何らかの反動があって当然だ」と指摘。ニューヨーク連銀が朝方に発表した8月の同州製造業業況指数が3.7と、前月の17.2から大幅に悪化したことも、利回り低下につながったと述べた。

財務省は先週、総額1120億ドルの3年債、10年債、30年債の入札を実施。国債利回りは上昇した。今週は19日に250億ドルの20年債、20日に70億ドルの30年物価連動国債(TIPS)の入札が実施される。

USバンク・ウェルスマネジメントのシニア投資ディレクター、ウィリアム・ノーセイ氏は「市場に吸収される必要がある膨大な規模の国債が発行される」とし、これ以上吸収できなくなる時点に達すれば、長期債利回りは若干上向く可能性があるとの見方を示した。

<株式> 米国株式市場はまちまち。ダウ平均株価<.DJI>は86ドル安で引ける一方、ナスダック総合指数<.IXIC>は100ポイント強値上がりし、終値で最高値を更新した。金融・工業株に売りが出る中、半導体大手エヌビディア<NVDA.O>などハイテク株は堅調だった。

ナスダックが終値で最高値を更新するのは今月に入って5回目。S&P総合500種指数<.SPX>も2月19日に付けた取引時間中の最高値に迫った。

ロングボウ・アセットマネジメント(オクラホマ州)のジェイク・ダラーハイド最高経営責任者(CEO)は「取引されているのはハイテク株だけだ」とした上で「(テレビ会議ソフトの)Zoom(ズーム)で医師の診察を受けたり、医薬品を配達してもらったりと、今年2月時点で10年後に起きると予想されていた世界が今現実のものとなっている」と述べた。

エヌビディア<NVDA.O>は6.7%高。決算発表を19日に控え、アナリスト2人が目標株価を引き上げた。

ホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>とロウズ<LOW.N>はともに2%強上昇。今週発表される決算は、新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要で底堅い内容が期待されている。

<金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル安・ユーロ高基調に伴う割安感などを受けて買い戻され、反発した。

外国為替市場ではドル安・ユーロ高が進行。ドル建てで取引される金塊の割安感が広がり、買い戻しが活発化。金相場は一時2000.80ドルと、再び2000ドルの大台を付けた。8月のニューヨーク州製造業景況指数が3.7と、前月から低下し、市場予想を大幅に下回ったことも、「安全資産」としての金の買いを促した。

<米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、対ユーロでのドル安を背景に安値拾いの買いなどが入り、反発した。

外国為替相場では対ユーロでドル安が進行。ドル建てで取引される原油などの商品に割安感が生じ、原油が買われた。前週末にかけて売られた反動から、安値拾いの買いなども入った。

また、ロイターによると、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国の産油国で構成するOPECプラスの協調減産に関し、参加国の減産順守率が高い水準だったことも支援材料。中国政府系の石油会社が、8月から9月の間に米国産の原油を輸入するためタンカーを仮予約したとの報道が好感されたとの見方もあった。

ドル/円 NY終値 105.99/106.02 <JPY21H=>

始値 106.35 <JPY=>

高値 106.38

安値 105.95

ユーロ/ドル NY終値 1.1869/1.1871 <EUR21H=>

始値 1.1850 <EUR=>

高値 1.1880

安値 1.1835

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 98*16.50 1.4361% <US30YT=RR>

前営業日終値 98*13.00 1.4410%

10年債(指標銘柄) 17時05分 99*11.50 0.6915% <US10YT=RR>

前営業日終値 99*06.00 0.7090%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*25.50 0.2913% <US5YT=RR>

前営業日終値 99*24.25 0.2990%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*30.25 0.1531% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*30.50 0.1490%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 27844.91 -86.11 -0.31 <.DJI>

前営業日終値 27931.02

ナスダック総合 11129.73 +110.42 +1.00 <.IXIC>

前営業日終値 11019.30

S&P総合500種 3381.99 +9.14 +0.27 <.SPX>

前営業日終値 3372.85

COMEX金 12月限 1998.7 +48.9 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1949.8

COMEX銀 9月限 2766.7 +157.8 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 2608.9

北海ブレント 10月限 45.37 +0.57 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 44.80

米WTI先物 9月限 42.89 +0.88 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 42.01

CRB商品指数 150.8740 +1.6649 <.TRCCRB>

前営業日終値 149.2091

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。