記事

TikTok売却命令 どこまで進撃するトランプ米大統領の「反中十字軍」アリババ、百度、テンセントも標的

1/2

若者の間でブレークした動画投稿アプリ

[ロンドン発]ドナルド・トランプ米大統領は8月14日、中国のIT企業、北京字節跳動科技(バイトダンス)に対して、「アメリカの国家安全保障を損なう行動をとる恐れがある」として、同社の人気動画編集・投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」のアメリカ事業を90日以内に売却するよう命じました。

買収には米マイクロソフトが名乗りを上げています。トランプ大統領が政治的に介入したとされ、「米テクノロジー企業の政治化」が指摘されています。ベルリンの壁が崩壊して30年、市場が国家を超越した時代は終わりを告げ、再び国家が市場を管理する時代が到来しました。

Getty Images

TikTokは世界中の若者の間で爆発的な人気を呼び、米国務省の発表(8月6日)によると、アメリカで1億7500万回以上、世界で10億回以上ダウンロードされています。

しかし、香港や新疆ウイグル自治区の問題に関するコンテンツを検閲しているとの報道もあります。トランプ政権は「個人情報が米政府機関への浸透や産業スパイに悪用され、偽情報をばらまくツールとしても使われる危険性がある」と指摘しています。

アメリカの国土安全保障省、運輸保安庁、軍は公用の携帯電話でTikTokを使用するのを禁止。中国との間で国境紛争がエスカレートしたインドは「ユーザーのデータを不正に盗み、インドの外にあるサーバーに不正に送信している」とTikTokなど中国製の携帯電話アプリを全土で禁じました。

バイトダンスは中国共産党とつながりがあるとされています。中国の習近平国家主席は2017年6月、国の情報活動に関する国家情報法を制定。問題視されている7条には「国民と組織は、法に基づいて国の情報活動に協力し、国の情報活動の秘密を守らなければならず、国は、そのような国民及び組織を保護する」と規定されています。

AP

こうしたことを理由にトランプ大統領は 8月6日、45日後からバイトダンスとの取引を禁止する大統領令を発出。10億人以上のユーザーがいるテンセントの通信・電子決済アプリ「WeChat(ウィーチャット、微信)」にも同様の禁止令を出しました。

WeChatを巡っては、中国だけでなくアメリカや台湾、韓国、オーストラリアのユーザーから送信された数十億ものメッセージが中国のデータベースから見つかったという研究報告があります。このため、オーストラリアやインドなどの国々はWeChatの使用を制限または禁止し始めています。

トランプ政権の「反中十字軍」ドクトリン

新型コロナウイルスの世界的大流行でアメリカでも対中感情が急激に悪化しています。11月の米大統領選で劣勢に立たされるトランプ大統領は、対中貿易赤字の解消を最優先にする初期の方針から、中国の切り離し(デカップリング)を強引に進める「反中十字軍」の結成をアングロサクソン諸国や同盟国の日本などに呼びかけるようになりました。

トランプ政権の対中ドクトリンの変遷を振り返っておきましょう。

2017年12月=トランプ大統領が中国やロシアを「アメリカの国益や価値観と対極にある世界を形成しようとする修正主義勢力」と位置づけ、戦略的競争という新たな時代の中でアメリカが優位性を取り戻す国家安全保障戦略を発表

2018年10月=マイク・ペンス副大統領が「トランプ政権の対中政策」と題した講演で「中国の自由が経済的にも政治的にも拡大することを期待したが、その希望は実現しなかった」と断言。膨大な対中貿易赤字や中国による南シナ海の要塞化、借金漬け外交、新疆ウイグル自治区での弾圧に強い警戒感を唱える

今年6月24日=ロバート・オブライエン国家安全保障問題担当大統領補佐官が「中国共産党のイデオロギーと世界的野心」と題して講演。「中国共産党はマルクス・レーニン主義」と断罪し、習主席は自らを旧ソ連の独裁者スターリンの後継者とみなしていると非難

7月7日=クリストファー・レイFBI(連邦捜査局)長官が「中国政府・中国共産党がアメリカ経済と安全保障に及ぼす脅威」と題して講演。「中国はあらゆる手段を使い世界で唯一の超大国を目指している」としてアメリカの未来にとって最大の長期的な脅威になると警鐘を鳴らす

7月16日=ウイリアム・バー司法長官が「中国共産党の世界的野心へのアメリカの対応」と題し「ディズニーや他の米企業が北京に追従し続ければ、自分たちの将来的な競争力と繁栄、その繁栄を可能にしてきた伝統的な自由の秩序を損なう危険性をもたらす」と警告

7月23日=マイク・ポンペオ国務長官が「共産主義者の中国と自由世界の未来」と題して演説。対中関与の門戸を開いたリチャード・ニクソン元大統領は「中国共産党に世界を開くことにより“フランケンシュタイン”を作ってしまったのではないかと心配していると語ったが、それが今日実現した」と糾弾。対中関与政策の終結を宣言する
Getty Images

あわせて読みたい

「TikTok」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。