記事
  • ロイター

東京株式市場・大引け=反落、192円安 利益確定売りが優勢


[東京 17日 ロイター] -

日経平均<.N225>

終値      23096.75 -192.61

寄り付き    23189.48

安値/高値   23,068.53─23,248.75

TOPIX<.TOPX>

終値       1609.82 -13.56

寄り付き     1618.57

安値/高値    1,609.82─1,624.41

東証出来高(万株) 81922

東証売買代金(億円) 15014.97

東京株式市場で日経平均は反落した。前週に大幅上昇したこともあり、きょうは終日利益確定売りが優勢となった。夏季休暇明けで手掛かり材料にも乏しく模様眺めムードが支配し、東証1部の売買代金は1兆5014億9700万円と2兆円を大幅に下回り今年2番目の少なさとなった。

寄り付き前に発表された4─6月期実質国内総生産(GDP)が前期比マイナス7.8%、年率換算でマイナス27.8%となったが、悪化については織り込み済みとの見方が多い。また、立ち会い時間中に、安倍首相が東京都内の病院に入ったとの報道があったが、材料視されなかった。

日経平均は前営業日比99円88銭安の2万3189円48銭で反落スタート。その後は下げ幅を40円安まで縮小したが再び下落基調となり、一時220円83銭の2万3068円53銭で安値をつけた。旧盆明けの月曜日は例年、商いが閑散で見送られる傾向が強く、この日も薄商いとなった。

市場では「お盆前は薄商い相場となるのが日本株式市場の特徴だが、先週は株価は上昇、商いも膨らむなど、やや異例な1週間となっていた。きょうは通例に沿ったような相場。特段な材料もなく、利食い売りが膨らんだ」(東海東京調査センターのシニアエクイティマーケットアナリスト、仙石誠氏)との声が聞かれた。

TOPIXは続落。東証33業種では、精密機器、サービス業、陸運業、医薬品などの31業種が値下がりした。値上がりしたのは海運業と空運業の2業種にとどまった。

個別では、生鮮宅配のオイシックス・ラ・大地<3182.T>がストップ高比例配分。14日に発表した大戸屋ホールディングス<2705.T>との業務提携契約と堅調な企業決算が好感された。2020年4─6月期連結決算は、純利益が前年同期比4.4倍の11億円となった。

東証1部の騰落数は、値上がり635銘柄に対し、値下がりが1452銘柄、変わらずが86銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。