記事
  • ロイター

米俳優メル・ギブソン、チリのハチミツ業者に肖像権侵害を指摘


[サンティアゴ 14日 ロイター] - 米俳優メル・ギブソンがチリの零細ハチミツ販売業者に肖像権の侵害を指摘する書簡を送付したことが話題となっている。

首都サンティアゴで6月からハチミツの販売を始めたヨハンナ・アグルトさん。新型コロナウイルスの感染拡大で職を失い、家族を養うのがやっとの収入をここから得ていた。

スペイン語でハチミツは「ミエル」。「メル」に似ていることから、ヨハンナさんは1995年の映画「ブレイブハート」から取ったメル・ギブソンの肖像をハチミツのラベルに使用し、「ミエル・ギブソン」の名称で販売していた。

先週、ヨハンナさんはメル・ギブソンの弁護士から、これが肖像権の侵害に当たるとする書簡を受け取った。商品を即座に回収しなければ法的措置も辞さない構えという。

弁護士は、書簡を送ったのはギブソンの写真の無断使用を防ぐためのもので、ハチミツの名称使用を禁じるものではないとしている。

この書簡を国内メディアに公開したところ、ヨハンナさんのソーシャルメディアのフォロワー数が激増。ヨハンナさんは書簡を受け取った当初、仕事用のメールアカウントを削除するほど脅えていたが、13日にはツイッターで直接、メル・ギブソンに肖像の使用許可を呼びかけた。

メル・ギブソンの広報担当者からのコメントは得られていない。

あわせて読みたい

「ハリウッド」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  5. 5

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  6. 6

    中国から日系企業1700社が移転へ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  9. 9

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  10. 10

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。