記事
  • ロイター
  • 2020年08月17日 08:50 (配信日時 08月17日 08:42)

トランプ氏、イラン問題巡る主要国首脳会談に消極姿勢


[ベドミンスター(米ニュージャージー州) 15日 ロイター] - トランプ米大統領は15日、ロシアのプーチン大統領が呼び掛けたイラン問題を巡る主要国のオンライン首脳会合には「おそらく参加しない」と表明した。また、全ての対イラン国連制裁の復活に向けた手続きに近く着手する意向も示した。

トランプ氏は記者会見で、国連安全保障理事会が前日にイランに対する武器禁輸措置の延長を定めた決議案を否決したことを受け、対イラン制裁を復活させる「スナップバック」を使うと言明。「来週に分かるだろう」と語った。

スナップバックは2015年のイラン核合意に盛り込まれた仕組み。ただ、トランプ政権は18年に同合意を離脱しており、外交関係者らは、米国がスナップバックを使えば強い反発があるだろうと指摘している。

一方、プーチン大統領は14日、対イラン武器禁輸の問題を巡り、国連での「対立と状況の激化」を避けるために、米英仏中独イランとのオンライン首脳会談の実施を提案した。

今年10月に期限が切れる対イラン武器禁輸措置の延長を巡る安保理の採決では、ロシアと中国が反対に回り、フランス、ドイツ、英国を含む11理事国が棄権した。賛成票を投じたのは米国とドミニカ共和国のみだった。

イランのロウハニ大統領は15日のテレビ演説で、米国は安保理で「屈辱的な」敗北を喫したと指摘。

ポンペオ米国務長官は同日、訪問先のポーランドで開いた記者会見で安保理の採決について「重大な間違いで、遺憾だ」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  6. 6

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    東京の飲食店は来週月曜日からどう変わる?

    内藤忍

    06月19日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。