記事

駐日ロシア大使が池上彰に答えた“北方領土問題”「交渉しているのは島々の問題ではないのです」独ソ戦終結75周年の教訓 - 「文藝春秋」編集部

1/2

 2020年、『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』(大木毅著、岩波新書)という書籍が新書大賞を受賞した。このニュースを見て、「独ソ戦」に初めて関心を持った人も多いだろう。日本では、第二次世界大戦というと米英軍とナチス・ドイツが戦った印象が強いが、米英軍が戦ったのは、ソ連に深く攻め込み、スターリングラードなど東部戦線で疲弊しきった後のドイツ軍だったことはあまり知られていない。

 独ソ戦終結75周年を迎える今年、独ソ戦がソ連に与えた被害の大きさや、戦後ロシアに与えた影響について、池上彰さんがガルージン駐日ロシア大使に聞いた。

©文藝春秋

コロナの影響で「独ソ戦終結75周年」の式典は延期に

池上 今年は、独ソ戦終結から75年の節目に当たります。ロシアの戦勝記念日の5月9日には、欧米や日本の首脳を招いた式典が首都モスクワで準備され、今年、就任20年を迎えるプーチン大統領にとって、威信を示す絶好の機会になるはずでした。

ガルージン 残念ながら新型コロナの影響で式典は延期となりましたが、6月24日に、クレムリンの壁の前にある無名戦士の墓の記念碑にプーチン大統領が献花し、軍事パレードが催されました。

池上 先日、大使が執筆した「大祖国戦争勝利の歴史的意義」という文書を拝見しました。この中で大使は、「この出来事の意義と結果を認識することなく、今日のロシアという国およびその国民を完全に理解することはできない」と記しています。

1900万人の民間人が犠牲に

 ロシアで「大祖国戦争」と呼ばれる独ソ戦は、「すべてを戦線へ。すべてを勝利へ捧げよう」というスローガンのもと、西欧諸国と戦った国民全員の団結を示す象徴だ。戦後75年の今年6月には、祖国防衛の偉業をたたえる「ロシア軍主聖堂」がモスクワ郊外に誕生するなど、国威発揚の行事も相次いだ。

 独ソ戦におけるソ連人の死者は2700万人。その内、1900万人は民間人だ(日本の戦死者は軍民合わせて推計約310万人)。また、第二次世界大戦において、時間的、地理的に最も大規模だった戦闘が独ソ戦線だった。独ソ戦について、ガルージン大使は、「最も重要な点は、西欧諸国はむしろ、ナチス・ドイツのソ連攻撃に有利な状況づくりに協力したこと」だと強調する。

ソ連が戦ったのはドイツだけではなかった

池上 プーチン大統領は、アメリカの雑誌「ナショナル・インタレスト」に、6月に論文を寄稿しました。「第二次大戦75周年の本当の教訓」という、その論文の中で、「多くの国々は、様々な協定にナチと西側の政治家の署名が並んでいることは、思い出したくもないようだ」と痛烈に批判していますね。

ガルージン そう、皆さんはとても大事なことを忘れていらっしゃる。「独ソ戦」の「ソ」という字は確かに正しいです。しかし、ソ連が戦ったのは「独」だけでなく「欧州」でした。ヒトラーと一緒に、イタリア、スペイン、ハンガリー、ルーマニアなどの欧州諸国がソ連に侵攻したのです。

あわせて読みたい

「北方領土」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  2. 2

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  3. 3

    ノーベル賞の日本人受賞者は2人?

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  5. 5

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  6. 6

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    毎日同じ服を着るイマドキ富裕層

    PRESIDENT Online

  9. 9

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。