記事

8月16日(日)ムネオ日記

 甲子園で交流試合が熱戦を繰り広げているが、昨日の磐城高校と国士館高校戦で、春の選抜大会21世紀枠で選ばれた磐城高校が堂々たるプレーで、4対3で国士館に敗れはしたが、攻守とも内容は五分、いやそれ以上だった。

 特に磐城高校野球部はNHKの特集でも取り上げられ、特に木村保監督と選手との絆がクローズアップされており、野球の前に、教育者と生徒との人間関係に大きな感銘を受けた。

 その木村監督は4月の人事異動で転校になり、磐城高校を率いての甲子園とはならなかったが、なんと試合前のシートノックに木村監督が出てきた。

 高野連が特例として認めたとのことだが、これもまた心にしみる人間味あふれる判断だと感激した。

 今日の第2試合、帯広農業高校が登場した。帯広農業高校は私の政治の師匠 中川一郎先生の母校である。

 強豪・健大高崎高校から2回に2点を先制し、そして守りもダブルプレーを再三取り、なんと4対1で勝利した。甲子園に流れる帯広農業高校の校歌に、同じ十勝出身者として感激した次第だ。

 21世紀枠での出場だったが、精一杯の全力プレーで甲子園のグランドに立ち、見事に勝利した姿は、全国の公立高校、数少なくなった農業高校球児に大きな励みや勇気を与えることだろう。

 甲子園の高校野球はいつの時も何かを教えてくれる。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  8. 8

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  9. 9

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。