記事

コロナで始まった「郊外型チェーン飲食店」の逆襲

外食業界全体の落ち込みが、今後どう戻っていくのか

外食業界は、新型コロナウイルスによるダメージを最も被った業界の1つでしょう。ほとんどの企業が売り上げを大幅に減少させています。

好調が続くケンタッキーフライドチキン。2020年5月の既存店の売上高前年比は137.6%、来店客数は106.5%だった。
好調が続くケンタッキーフライドチキン。2020年5月の既存店の売上高前年比は137.6%、来店客数は106.5%だった。(AFLO=写真)

例外的なのは、マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどのファストフードです。もともとテイクアウトで3~4割の構成比があり、利用者の意識も定着していたため、「巣ごもり消費」の恩恵を大きく受けました。特にケンタッキーは緊急事態宣言が発令された2020年4月の既存店売上高が、前年同月比で33.1%も増加しています。

ただし外食業界全体の落ち込みが、今後どう戻っていくのかはまだ不透明です。基本的には、コロナの影響が比較的軽微だったところが回復も早いのではないでしょうか。

今後を見通す際のキーワードは3つあります。1つ目は、先にも出た「テイクアウト」。「自宅で食べる」という習慣は、今後も根強く残ることでしょう。となると、やはりテイクアウト戦略が今後の生き残りには欠かせないといえます。

2つ目は「滞在時間」。店内で長い時間飲食をすればするほど、感染リスクは高まります。居酒屋のような長時間滞在することで収益を上げるスタイルの店は厳しく、すぐ食べられてさっと出られるファストフード店はやはり優位です。

注目は「はま寿司」「すき家」のゼンショー

最後は「立地」。今も“夜の街”での感染拡大が報じられていますが、やはり人が密集する繁華街は避けたいと考える人が多いでしょう。となると、車で行けて、店内も比較的広くてソーシャルディスタンスが取れる郊外やロードサイド店が、消費者心理としては行きやすくなります。

これらを総合すると、厳しいのはやはり居酒屋チェーンです。テイクアウトに向くとはいえず、滞在時間は基本的に長く、繁華街にある店舗が多い。ファミレスも居酒屋ほどではないものの苦しいでしょう。コロナ以前からショッピングモールのフードコートや回転ずしなどにファミリー層のお客さんを取られ、もともとあまりいい状況ではありませんでした。そこにコロナ問題が重なって、弱り目にたたり目というところです。ファミレス大手の一角ジョイフルが直営店の約3割にあたる200店程度を2020年7月以降に閉店すると発表したのは、象徴的な出来事といえるでしょう。

逆に有望なのはゼンショーホールディングスです。ゼンショーの主力は牛丼のすき家と回転ずしのはま寿司ですが、すき家はテイクアウトが伸びて、立地も郊外が多い。はま寿司もテイクアウト対応をしていて、滞在時間も比較的短く、ロードサイド店も多い。ゼンショーグループにはココスやビッグボーイなどの苦しいファミレスチェーンもありますが、全体的に見れば有望なポートフォリオといえるでしょう。

ほかの牛丼チェーンでいえば、吉野家はわりと堅調ですが、繁華街に店舗が多い松屋は苦戦気味です。吉野家やすき家はマーケティング戦略が巧みで、メインの顧客層であった20~30代の男性客だけでなく、女性やファミリー向けの商品やキャンペーンなども打ち出しています。テイクアウトが広がれば、店に入りにくかった女性客の取り込みにもつながるため、ポテンシャルはまだあると見ています。

(三菱UFJモルガン・スタンレー証券 シニアアナリスト 新井 勝己 構成=衣谷 康 写真=AFLO)

あわせて読みたい

「飲食業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  4. 4

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  5. 5

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  6. 6

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  7. 7

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。