記事

「スタート大変厳しい」苦難のGoToに元観光庁長官が独自提言 ひろゆき氏「金のために感染許容するのはどうなのか」

1/2

 新型コロナウイルスがもたらした、“特別な夏”。人が集まるイベントは相次いで中止になり、いつもの夏とは違った過ごし方が求められている。

【映像】ひろゆきと元観光庁長官が議論

 そんな中、7月22日から導入された「GoToトラベル」キャンペーン。苦境による旅行業界を活性化するためのものだが、感染抑制と経済活動の再開という相反する対策に、「感染拡大しないように動くって不可能では?」「旅行に行っていいの?ダメなの?」など、批判や困惑の声が集まっている。

 一方で、飲食店や観光業では「客足が伸びない」との声も。あちらを立てればこちらが立たず。そんなジレンマを抱えるGoToキャンペーンについて、14日の『ABEMA Prime』は元観光庁長官で大阪観光局理事長の溝畑宏氏と考えた。

■3週間が経ったGoToトラベル「スタートは大変厳しい状況」

 開始から3週間が経ったGoToトラベルキャンペーンについて溝端氏は、「始めの方でドタバタがあったのと、8月には感染拡大が思いのほか広がりすぎて戸惑いが起こってしまった。スタートは大変厳しい状況にあると思う」との見解を示す一方、「目先のことに目を奪われすぎている。もっと長いタームで見るべき。感染拡大防止をしながら人の移動、経済を動かしていこうという目的は正しいと思う」と、事業自体は進めるべきとの立場だ。

 そのうえで、この苦境を乗り切るため、「一度決めたら何があっても“ブレるな”!」と提言する。

 コロナ対策を指揮する西村経済再生担当大臣は2日、お盆の帰省について「慎重に考えないといけないのではないか」と発言。ところが、菅官房長官は3日に「帰省を制限する・しないの方向性を述べたものではない」と打ち消した。かたや小池都知事は7日、「旅行、帰省、遠くへの外出をお控えいただきたい」と述べ、その考えの違いが浮き彫りになっている。

 溝畑氏は「今こういうことをやるのは、日本のサービス産業で重要な役割を担っている観光業をしっかり守らないといけないという判断から。そのために“この事業をやる”という軸がブレてはいけない。しかし、世論がワーっと言ったら、『東京はやめましょう』『帰省客はこうしましょう』と、政府と知事で言うことがずれている。一定の方向性が出たら、政府が言っていることと都知事が言っていることが同じベクトルでないと、都民は『あれ、どうしたらいいのかな?』と思ってしまう。ちょっとした軌道修正はいいかもしれないが、『旅行に行ったらいいのか、帰省していいのかどっちなんだ』と都民や国民が不安になったことが、出だしで躓いている大きな原因になっていることは間違いない」との見方を示す。

 一方、開始3週間の「GoToトラベル」に対し「失敗だった。さっさとやめたほうがいい」と手厳しい評価を下したのは、2ちゃんねる創設者のひろゆき(西村博之)氏。「村や市の単位で『うちは観光客に来てほしくない』と言っているところはある。でもGoToキャンペーン拒絶はできなかった」、「医療体制が逼迫していても旅行をガンガンやれということか」などと、苦言を呈した。

 また、慶應大学特任准教授でプロデューサーの若新雄純氏は、「都道府県はそれぞれ状況が違うので、国の方針に対して都道府県が『国はこう言っているけどうちはこうする』という見解があっていいということだろう。問題は、ニュースを見ている視聴者には見解の違いがブレに見えてしまうことだと思う」と指摘。

 続けて、「それぞれに理由があって言っていることがチグハグな時、都道府県知事が全部足並みをそろえることではなくて、国がもっとより強い明確なメッセージを伝えれば良かったのか。都道府県知事が別々のことを言う中で、ブレない大方針というのは、国はどういう言い方をするのが理想的だったのか」と疑問を呈する。

 こうした指摘について溝畑氏は「今後の感染拡大や医療状況を見ながら、ある程度感染拡大が起こった時は地域や発着地を対象に制限を加えていくとか、『こういう基準でやっていきましょう』という事前のシミュレーションができずに発してしまったことで混乱を起こしてしまった。各都道府県が言っていることで共通しているのは、突っ走るのではなく感染拡大を見ながら制限を加えるといったことで、きちんとアクセルを踏んだり緩めたりするということだ」と説明。

 一方で、基準を数字で明確に示すことは難しいとし、「医療体制は地域によって違うし、観光に非常に力を入れているところとそうでないところではウエイトの置き方が違う。県の中でも、観光を生業としている市町村と観光が全く関係ないところもあるので、非常にまだらになってしまっていることが、ある程度走りながら考えざるを得ない難しさだと思う」と述べた。

 さらに、パンサーの向井慧は「『GoToの打ち出し方を失敗してしまった。こういうことだった』と謝れる国の偉い人は今いるのか。そこがブレないせいでずっと変なままだから、逆にブレた方が僕らには届く気もする」と意見を述べる。

 溝端氏は「進めながら『こういうところはちょっとうまくいかなかった』『こういうところはあるから理解してほしい』という説明責任は果たしていくべき。未知との戦いに対して、政府や自治体、一人ひとりが同じ思いで進んでいかなくてはいけない中で、批判や反対などいろいろ意見していく進め方をしないと、みんなが幸せにならない」とした。

あわせて読みたい

「GoToキャンペーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  6. 6

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  9. 9

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  10. 10

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。