記事

75回目の「終戦の日」に。靖国神社の参拝とともに、旧軍用墓地の整備にも注目・注力を

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

8月15日、75回目となる終戦の日です。

恒例の戦没者追悼式はソーシャルディスタンスを保ち、国歌も演奏のみと感染症対策を万全に整えた上で実施されました。

終了後は、高校生の頃から毎年継続している靖国参拝へ。今年は玉串料を収め、昇殿参拝を行いました。

国会議員の受付・入り口というのがあることを初めて知る…。

そちらの方にいくと、マスコミがカメラを抱えてずらりと。ここで参拝した閣僚・政治家の面子をチェックして報道しているわけですね。

小泉氏ら4閣僚が靖国参拝 終戦の日、4年ぶり閣僚参拝
https://news.yahoo.co.jp/articles/d124fc476a3db534c6a963b8a07b37f48cdb2a9e

今年は4閣僚が参拝されました。上記の記事で高市総務大臣が主張されていることに、私も同意します。

>中韓の反発が予想されるという記者団からの質問に対し、衛藤氏は「中国や韓国から言われることではないはずだ」と語った。高市氏も「国のために命を捧げられた方を、どのようにお祀りし慰霊するかは、それぞれの国民が判断することだ。決して外交問題にしてはいけないし、外交問題ではあり得ない」と述べた。

先の大戦で尊い犠牲になられた先人たちに心からの祈りを捧げるとともに、不戦の誓いを新たにしたいと思います。

また昨年も触れたように、慰霊という観点からは全国にある「旧軍用墓地」に十分な扱いがなされていないことが我が国の大きな課題の一つです。

国会議員となってこの問題を知った昨年から、真田山・豊橋と二箇所の旧軍用墓地に訪問させていただきました。


参考過去記事:
知っていますか、全国86箇所ある「旧軍用墓地」。自治体任せではなく、国立化による整備運営を

https://otokitashun.com/blog/daily/21621/

憲法改正や安全保障の課題を議論する上で、国のためにやむなく命を落とす方々への対応を欠かすわけにはいきません。

次の解散総選挙では、憲法・安全保障も重要な争点の一つ。その際にはこうした「慰霊」の問題もしっかりと遡上にあげることができるよう、引き続き働きかけを続けてまいります。

皆さまもお近くに旧軍用墓地がございましたら、ぜひ足を運んでいただけますと幸いです。


靖国参拝を始めたきっかけは、こちらの動画で解説中。

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 36歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。 地域政党「あたらしい党」代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。35歳、二児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「靖国神社」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  6. 6

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    在宅ワークの拡大で郊外は不便に

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。