記事

「人生を諦めたいと思う瞬間もある。けど……」三浦春馬がドラマ『太陽の子』に込めていた思い - CDB

1/2

 本来であれば、3人で出演するはずの番組だったのだろう。2020年8月8日のNHK土曜スタジオパークには、15日に放送される特別ドラマ『太陽の子』から柳楽優弥と有村架純の2人だけが出演した。

【画像】三浦春馬さんの写真を見る


三浦春馬 ©︎getty

構想10年、原爆開発に関わった若者たちの物語

 戦後75年目の終戦記念日に放送されることになる『太陽の子』は、10年前から構想がスタートしている。7月8日に広島放送局で行われた完成試写会の記者会見で、脚本と演出の黒崎博氏はこの物語が10年前に仕事で訪れた広島の図書館の片隅から始まったことを明かした。

 図書館のすみに眠っていた広島県史という資料集の中に、若い科学者の日記の残片があったのだと黒崎氏は語る。

 それは京都大学で原子物理学を勉強する若い研究者が残したもので、そこから黒崎博氏は大戦末期当時に京都大学で行われていた原爆開発、「F研究」に関わった若者たちを知り、「この若者たちの物語を形にしたい」と構想を練り始める。

『神の火』(英語: Prometheus' Fire)と題し執筆されたシナリオは、2015年の「サンダンス・インスティテュート/NHK賞2015」にNHK推薦作品として出品され「スペシャル・メンション賞(特別賞)」を受賞する。

 それは黒崎氏が朝の連続テレビ小説『ひよっこ』でチーフ演出を担当する前のことだ。『太陽の子』(英語: GIFT OF FIRE)と改題してこの2020年夏の放送に至るまで、いかに長い間構想を温め、改稿を重ねてきたかがわかる。

「コロナ禍に戦争作品に出演する意義」を語った、有村架純

「当然生半可な気持ちでは演じられないと思った」と広島の記者会見で語った有村架純は、8月8日のスタジオパークの生放送では「戦時中を演じるのが初めての挑戦であること、それから『ひよっこ』でお世話になった信頼する黒崎博監督が演出することでオファーを受けることを決めた」と語った。

 戦時中の女性を演じるにあたり、海外の女性兵士の取材記事も参考にしたと語る有村架純は、言うまでもなく戦争を経験したことがない。だが彼女は平和の中の貧しさについては知っている。

 自分が母子家庭で育ったこと、金銭面で苦労する母親の背中を見ながら「自分たちは人一倍頑張って生きていかなければならないのだ」と小学生の頃から思っていたこと、女優になり上京する時に「家族を養えるほど頑張って、自分にかけたお金を親に返したい」と思ったこと、以前から少しずつ話していた、そのような自分の生育環境について、岡田恵和の脚本、月川翔監督の演出でWOWOWドラマから映画化された『そして、生きる』を演じた頃から、有村架純はよりはっきりと取材に対して語るようになった。

 現在発売中の週刊文春に掲載されているインタビューの中で、「このコロナ禍において、戦争をテーマにした作品に出演できるのは不幸中の幸いだと思います。まさに大恐慌が起こりそうな最中、資源を求めて争われてきた戦争を振り返り、改めて戦争について考えるという意味でこの作品を観て頂けたら嬉しいです」と彼女は語る。

「歴史を変えてしまうのではないか、みんなの戦争に対する見方を変えてしまうのではないかという不安があった」と8日のスタジオパークで有村架純が語ったのは、原爆開発者の側に近い人間を演じることで日本人の歴史観、歴史を修正する動きに加担してしまうのではないかという危惧を自分の言葉で表現したのだろう。

 有村架純の中では、おそらく自分の育った経済的な貧困と、これから世界を覆うであろう巨大な世界不況の下で苦しむであろうかつての自分のような子供たち、そしてその先にある過去の「恐慌から戦争へ」という歴史のリフレインが一本の線で繋がっている。

挫折の痕跡がその演技を深める俳優・柳楽優弥

 柳楽優弥もまた、10代の頃から平和の中の影を背負って育った俳優だ。わずか14歳で、それもほとんど人生で初めて出演した是枝裕和監督の映画『誰も知らない』は、カンヌ国際映画祭で彼を日本人初の、しかも当時の歴史上最年少での男優賞受賞に導いた。

 だがあまりに突然の、そして破格の栄光は、まだ10代の少年の俳優人生に濃い影を落とした。安定剤を過剰に服用し、救急車で運ばれたこともある。芝居から離れ、飲食店や洗車のアルバイトをしていたこともある。

 そうした場所から柳楽優弥はもう一度演技の場に戻ってきた。今でも彼の演技には人間の心の深い屈折、挫折の痕跡がある。そしてそれは顔についた見えない傷痕のように、彼の演技を深めている。

『ディストラクション・ベイビーズ』などの作品で再び俳優としての脚光を浴びた後、月川翔監督の『響ーHIBIKIー』で柳楽優弥が演じた新人作家・田中康平の役を僕はよく覚えている。

 肥大したプライドを天才少女に粉砕されることで憑き物が落ちたように再び自由に、生き生きと歩き始める文学青年の役を、柳楽優弥は大きなプレッシャーを抱えた若い主演女優平手友梨奈のために、同時に自分自身も心から楽しんで演じているように見えた。

 世界中の映画・演劇に戦争と同等かそれ以上の壊滅的な被害を与えた新型感染症は、生身の人間が物語を演じることのリスクを人々に思い知らせた。だが同時に僕が思うのは、その生きた人間が背負うリスクこそが実写作品の意義でありアドバンテージなのではないかということだ。

 どんなに演出と脚本が技巧を重ね、俳優が劇中の人物像をリアルに構築して演じたとしても、その虚構の完成度とは別に、実写作品は「それを演じている俳優たちを撮影したドキュメンタリーフィルムでもある」という二重の意味を逃れられない。

あわせて読みたい

「三浦春馬」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  4. 4

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  8. 8

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。