記事

30代婚活女子に「年収1000万でも貯金ゼロ」男はどう映ったか

婚活アプリで「年収」とともに、ある項目をチェックするという女性に話を聞いた(写真はイメージです)

 新型コロナウイルスの感染拡大は婚活市場にも影響を及ぼしている。淋しさや不安、家にいる時間が増えたことなどから、マッチングアプリに登録する独身男女は増え、オンライン婚活が広がるなど、その方法も多様化した。では女性が男性に「収入」を求める傾向はどうだろう。年収「500~600万」以上の男性を求める女性が多いといわれるが、婚活女性は「年収」だけを見ているわけでもないようで……。収入よりも大切なものがあると語る、アラフォー2人の言い分を聞いた。

 * * *

◆顔ではなく、どのような写真を載せているかが大事

 会社員の久美子さん(39)は緊急事態宣言下の5月に、初めて婚活アプリに登録した。結婚願望はあったが、仕事や趣味に忙しく、いつか気の合う人に出会えるだろうと思っているうちに、気付いたらアラフォーになっていた。

「旅行が趣味で、年に2回は海外に、月に1回は国内旅行をしていました。一人で行くことも多いですし、日程が合えば友達と行ったりもします。それがコロナで……、時間ができちゃった。こういう危機に瀕して、一人でいることの不安や脆弱さも実感しました。だから、婚活してみようと。前から婚活をしている友人に聞いて、3つのアプリに登録したんです。やり始めたら結構面白い(笑)。彼氏を作るまでは頑張ろうと思っています」

 旅行で写真を撮るのが好きという久美子さんは、婚活アプリに載せる写真にもこだわったという。自分でいいと思う写真と、他人がいいと思う写真は違うだろうと、友人にセレクトしてもらったし、旅好きの人と出会うために、できるだけ海外旅行中の写真を選んだ。

「ここ、どこ? って、突っ込んでもらえるような写真を選んでいます。ネットやアプリって、写真とプロフィールが“入り口”なんだから、ここを頑張らないでどうする、って思いますね」

 そのこだわりは相手への要求にもなる。まず、写真を載せていない人は、「お断り」。

「写真についていえば、顔がどうかではないんです。それよりも、どういう写真を載せているか。証明写真を載せている人は、私には合わないなと。個性を出してくれる人がいいんです。旅行中の“他撮り”写真が私的にはベスト。旅行中でなくても、自撮りより、他人とのコミュニケーションがとれることがわかる他撮り写真のほうが、絶対にいいです」

◆<割り勘>を選んでいる人に感じること

 アプリによって詳細は異なるが、自己紹介の項目には、年齢、年収、仕事内容、家族構成をはじめ、趣味、好きな食べ物、休日の過ごし方、子供はほしいか……など、細かな項目が設定されている。久美子さんが重要視するのは、第一に、すべての項目をオープンに登録しているかだ。

「たとえば、年収を登録していない人はイヤですね。結婚相手を探しているのだから、しかも若いならともかく、私のような年代になると、相手の年収が気になるのは当然だと思うんですよ。それを書かないのは、相手に対して誠意を欠くと思います。それに、自信がないように見えるんですよね。今の自分に自信があったら、金額の多寡に関係なく、表明できるんじゃないかな」

 では、具体的に、いくら以上、という希望はあるのだろうか? そう問うと、「年収」単独では見ていないと、久美子さんは語った。“掛け合わせ”で見るのが重要なのだと力を込める。

 たとえば久美子さんが挙げたのが、あるマッチングアプリにある<初回のデート費用をどうするか>という項目だ。<男性がすべて払う><男性が多めに払う><割り勘><持っている方が払う><相手と相談して決める>からの選択式になっているが、この項目と<年収>をあわせてチェックするのが久美子さんのやり方だ。

「年収が高いのに<割り勘>にしている人は、正直、ちゅうちょします(笑)。必ずしも奢ってほしいわけではないんですよ。でも、お金があるんだから……、最初くらい、頑張ってくれてもいいのになって思うんです。

 結局、どれだけ年収が高い男性と結婚しても、自分や家族のためにお金を使ってくれなかったら、意味がないんですよね。友人に、旦那さんの年収が1000万以上あっても、趣味が多いとかで、奥さんや子どもにはほとんどお金を使わず、生活が苦しいと言ってる人がいます。私も働き続けたいですが、できれば子どももほしいし、将来のことはわからない。だから年収自体より、どういうお金の使い方をする人かが大事なんです」

◆趣味と無駄使いのダブルパンチ

 もう一人、大事なのは「年収自体ではない」と主張するアラフォー女性がいる。ネイリストの夏妃(なつき)さん36歳。婚活で5歳年下の彼氏と出会って半年。コロナ禍を機に、結婚について話すようになった。それは前進だと喜んだものの、同時に、知らなかった事実が明らかになった。

「コロナでなかなか会えないし、落ち着くまでに時間もかかりそうなので、一緒に暮らせたらいいねという話に自然になっていたんです。すごく喜んだものの、彼が、でも今はムリだと。その理由を聞いてびっくりしました。貯金がないというんです。引っ越し費用もすぐには出せないから、当分はムリと。驚いたあとに湧いてきたのは……怒りでした」

 夏妃さんが驚いたのには、理由がある。現在31歳の夏妃さんの彼氏はマスコミ勤務で、同年代の平均年収より高く、1000万程度はあるという。都心部のマンションに住む彼は、郊外の自宅暮らしの夏妃さんから見て、優雅な暮らしを送っている。そんなキラキラした生活をしているのだから余裕があるからだ、きっと貯金も、自分よりずっとあるはずだと、夏妃さんは思っていたようだ。

 しかし実態は逆で、貯金ゼロ。夏妃さんは予想外の現実に怯んだ。

「それこそ年収によると思うんです。貯金が難しい収入だったら、貯金ゼロでも仕方ないと思います。でも彼はそうではない。一緒に食事をするときはいつも奢ってくれるので、気前のいい人だと思っていたら、単にお金使いが荒いというか、計画性のないザルな人なんだなとわかりました。正直、結婚していいのか、迷い始めています」

 彼は一体何にお金を使っているか。問い詰めると、趣味と無駄使いのダブルパンチだった。

 趣味が多く、いまはまっているのはゴルフとワイン。はまると突き詰めたくなるタイプで、今はゴルフスクールに、以前はワインスクールにも通っていた。コロナによって家飲みが増えたが、家では5000円程度のワインを空ける。ヘビースモーカーでタバコ代もかかる上に、運動嫌いですぐにタクシーを使う。塵も積もれば山となるで、結果、毎月の給料が残らないようだ。

◆31歳は貯金よりも、今の生活を楽しみたい

「彼は、自分のお金を好きなように使って何が悪いの? という感じでした。貯金よりも、今の生活を楽しみたいと楽観的で。まだ若いというのもあると思いますが」

 とはいえ、共働きが増えているこの時代、夏妃さんだって働いている。相手の貯金が、しかも結婚前に、それほど気になるのだろうか。

「私はコロナで仕事が激減しました。働くのは好きだけど、安定した仕事ではないから、相手には安定や生活力を求めてきたんです。会社員の彼は、とくにコロナの影響は受けていないようで、それは良いことだと思うんですね。ただ、私は大変な人をたくさん見ているので、どこ吹く風の彼に対して、“みんな大変なんだよ!”と言いたくなってしまう。で、いくら稼いでいるかより、お金の使い方のほうが大事なんじゃないかと思うようになってきました。そこに人間の本質が出るような気がして」

 コロナ禍が、はからずも二人の金銭感覚の違いを明らかにしたようだ。結婚したら、あるいは子供ができたら、彼氏の金銭感覚は変わるかもしれない。が、変わらないかもしれない。結婚は生活だと考える夏妃さんは、もう一度話し合って、今後を決めようと考えているという。

 年収よりも貯金、年収よりもお金の使い方。婚活女性たちの本音は現実的であり、時にそれは、年収を求める上にシビアな要求となるのかもしれない。かくして2人の婚活は続いている。

(本文中の名前はすべて仮名です)

あわせて読みたい

「貯金」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  6. 6

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  7. 7

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  8. 8

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。