記事

75年目の8月15日

 終戦の8月15日が、もう75年も前のことになった。この日を知らずに育った人の方が、ずっと多い時代になっているに違いない。このとき、私は12歳の国民学校6年生だった。この年は、学校の夏休みはなかった。

 というよりも、東京都内に3年生以上は居てはいけないことになって、私自身も、間もなく父の故郷である静岡の山奥へ向けて出発することが決まっていた。身の回り品を小包にしての送り出しなどは、すでに始まっていた。そんな中での「玉音放送」の告知だった。

 よく晴れた暑い日の正午だった。ラジオで最初に「君が代」が流れたような気がする。つづいて情報局総裁だかの短い紹介があって、やや聞き取りにくい高い声の「玉音」が始まった。私たちはそれまで、誰も「天皇陛下の声」なるものを聞いたことはなかった。

 折々の勅語も、すべて誰かが読み聞かせるものと決まっていたからだ。

 しかし言われていることの大よそは理解が出来た。「……かの共同宣言を受諾する旨、通告せしめたり」のところで、すでに発表されていたポツダム宣言を受けて、降伏したことを知らされたのだった。

 ただし、この前に「ポツダム宣言は黙殺する」と言明してしまったのはまずかった。原爆の投下も、ソ連の参戦も、「日本のポツダム宣言拒否」を根拠にされたからだ。本当は「ノーコメント」のつもりだったというのだが、日本的修辞法は国際的には通用しなかった。

 ここは、内外を使い分けてでも、「考慮中」と連合国側へは伝えておくべきだったのだ。

 だが、日本の当局者に、それほどの分別を期待するのは無理だったのだろう。実際に原爆を落とされたので降伏を決めた。それは「終戦の詔書」の中にも、ちゃんと書いてある通りである。広島、長崎の犠牲者は、もって瞑すべきなのかも知れない。

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    全国フェミニスト議員連盟の釈明は、明らかに虚偽を含み極めて不誠実である

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月20日 16:58

  2. 2

    「テレビ報道が自民党一色になっていることへの懸念はあった」立民・安住淳議員に呆れ

    鈴木宗男

    09月20日 15:48

  3. 3

    「論文ランク1位は中国」ノーベル賞常連の日本が貧乏研究者ばかりになってしまった根本原因

    PRESIDENT Online

    09月20日 14:10

  4. 4

    <オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧

    メディアゴン

    09月20日 10:32

  5. 5

    警察庁長官、警視総監だけじゃない 総裁選の裏で安倍前首相の“懐刀”が続々出世の怪

    NEWSポストセブン

    09月20日 14:41

  6. 6

    医療逼迫招いたのは日本医師会か 医師不足に触れず「病床増やそう」は欺瞞

    NEWSポストセブン

    09月20日 17:06

  7. 7

    潜水艦の契約破棄問題 米仏豪の行方を予想

    ヒロ

    09月20日 10:44

  8. 8

    カナリア諸島の火山が50年ぶりに噴火 住民ら約5000人が避難 アフリカ北西部

    ABEMA TIMES

    09月20日 16:15

  9. 9

    北朝鮮ミサイル発射のたび語られる「振り向いてほしい論」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月20日 22:41

  10. 10

    河野太郎氏“年金の財源は消費税”発言に「勘弁して」と経済政策に高まる不安

    女性自身

    09月20日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。