記事

超高学歴版「田中角栄」? 謀略・金権・中国とのコネ…日本人が知らない“親日家”以外の李登輝 - 安田 峰俊

1/2

 大日本帝国軍人、中国共産党員、中国国民党員、台湾団結聯盟精神的指導者、特務の監視対象、台湾大学教授、テロリストの友達、独裁者の側近、台北市長、中華民国総統、キリスト教徒、親日家、金権政治家(黒金教父)、汚職疑惑の被告、ミスター・デモクラシー、漢奸、台湾の国父──。

【写真で振り返る】超高学歴、スゴすぎる政治家・李登輝の足跡をたどる(全7枚)

 これはいずれも、8月14日に葬儀がおこなわれた中華民国(台湾)の元総統・李登輝が97年間の人生のなかで背負った立場や肩書、ニックネームである。とても同一人物とは思えないほど、彼はさまざまな身分を背負ってさまざまな活動をおこない、毀誉褒貶を受けてきた。

 李登輝はもとは優秀な農業学者だったが、48歳のときに総統の蒋経国に請われて独裁国家・中華民国の技術官僚になり、いつの間にか出世して1988年の蒋経国急死を受け代理総統に就任。上からの改革を進め、1996年には中華圏の歴史上初の民選総統になった。

 ただ、2000年の総統選で後継者の連戦が落選したことで国民党を追われ、それからは民進党を応援する側に回った。

 ひとまず、彼の後半生の経歴を簡単に説明するならそういうことになる。


8月7日、白金台の台北駐日経済文化代表処の敷地内に設けられていた李登輝の追悼所。7日までに3000人以上の人が記帳に訪れた。筆者撮影

2つの名前、3つの政党、4つの言語

 ただ、辞書的な説明だけでは李登輝の多様な顔は見えない。彼は台湾語を母語、日本語をほぼ第2母語とし、古文の読解や漢文の書き下しもできた。さらにはカタカナ読みっぽい独特の発音ながら、標準中国語と英語を実務レベルで使いこなせたほか、青年時代にはドイツ語とフランス語も多少かじっていた。

 日本統治時代には「岩里政男」という2つ目の名前を持ち、青年期に中国共産党、壮年期に中国国民党、老年期に台湾独立派の台湾団結聯盟という、主張が完全に異なる3つの政党に属した(台聯は正式入党なし。

 また共産党入党は本人の証言が二転三転しているがほぼ確実とみられる)。また、大学院を含めれば京都帝大・台湾大学・アイオワ州立大学・コーネル大学の4つの大学で学んでいる。

 本人のアイデンティティも、時期と場合によって日本人・中国人・台湾人とコロコロ変わった。かつて大日本帝国軍人だったときは、東京に飛来する米軍のB29を高射砲で迎撃し、中華民国総統だったときは北京政府から自国の近海に軍事ミサイルを撃ち込まれながらもひるまなかった。

 若いころには禅に凝った。中年になってからはプロテスタント長老派教会の敬虔な信者になり、それなのに老年期には戦死した兄の魂が眠る靖国神社に参拝している。なお、8月14日の葬儀はキリスト教式でおこなわれた。

 ……とまあ、李登輝はとにかく複雑な人物だ。有り余る知力と体力と精神力、1世紀近い人生の時間、そして生まれ育った台湾という土地の複雑な近現代史が、ここまで引き出しの多い人間を作ったのだろう。

 台湾が「民主化され台湾化された中華民国」という奇妙な個性を持ち、国際社会の大部分から未承認なのに世界から愛される不思議な国家に変わったことも、現役時代の李登輝の個性の影響は決して小さくない。

「親日家」李登輝はただの一側面にすぎない

 いっぽう、李登輝は総統在任中の1993年に作家の司馬遼太郎を台湾に迎えたあたりから、日本との絆を表立って深め、2000年の総統退任後は本格的に日本の保守派と接近する。晩年の20年間、日本での李登輝はこうした顔のほうがよく知られるようになった。

 彼の死去の際、日本の各メディアで「親日家」の側面ばかりがクローズアップされたのもそうした事情ゆえだ(ちなみに台湾国内や欧米諸国では「民主化の父」の側面のほうが強調された)。

 日本では保守派を中心に、親日的な「哲人政治家」李登輝を、さながら究極の聖人であるかのようなイメージでとらえる風潮もかなり根強い。

 だが、理想化された李登輝のイメージを持って台湾に行くと拍子抜けしやすい。

 特に彼の現役時代を知る世代の、台北あたりの中産階層や知識層には「最初は良かったけれど、金権政治(黒金)問題が出てケチがついた」「国民党の人間だったのに途中から民進党の味方に変わった」と是々非々の意見を話す人も意外と多い。

 もちろん熱狂的な李登輝支持者も大勢いるが、毀誉褒貶は相半ばしている。

台湾人が選ぶ「歴代総統ランキング」では1位になれず……

 事実、2018年6月に民進党系の『美麗島電子報』がおこなった「歴代総統のうち任期中に最も台湾の価値を保ち代表することができた総統は?」という世論調査で、43%の支持を集めて1位になった人物は、李登輝ではなく蒋経国だった。

 蒋経国は任期中に戒厳令を解除して報道の自由や野党結成を容認し、台湾人の人材を大胆に抜擢して李登輝時代の民主化の基礎を作った人物である。

 この歴代総統ランキングは、2位が李登輝13.8%、3位が蔡英文11.2%、4位が馬英九で9.5%、5位が陳水扁の7.4%と続く。李登輝は2位だとはいえ、なんと台湾国内での評価は(彼の生前の調査であることは割引いても)、現職の蔡英文とほぼ同程度でしかない。

 李登輝は体制を民主化させ、経済の高度成長を支えた。プラグマティックな外交姿勢で台湾の国際的存在感を高め、大震災が起きても的確な非常事態対応をおこない、北京からのミサイルの恫喝を撥ねのけて総統直接選挙に勝利した。

 なのに、国民の評価はなぜか意外と高くない(もっとも、李登輝が亡くなってから弔問者が絶えないことからもわかるように、彼の存在が「歴史」に変わることで今後の評価は上方修正されていくとみられるが)。

超高学歴版「田中角栄」

 李登輝の評価が是々非々だった理由は、民主化後に得票率54%を集めて総統に当選した1996年以降、つまり総統最後の4年間に問題が噴出したためだ(逆に日本国内の李登輝礼賛書籍は、この4年間についての言及が極めて弱い)。

 たとえば金権政治だ。往年の李登輝は改革を拒む国民党内の不満分子を押さえるために、カネの威力を容赦なく活用した。また、国際的に孤立した台湾の地位を保つために、日本やアメリカを含む各国に多額の機密費をバラまいたが、その過程で不透明なカネの流れが生まれた。

 さらに民主化された台湾社会で国民党を選挙に勝たせるために、地方のヤクザや金権勢力(黒金)の集票機能にも頼った──。

 こう書くとひどい話だ。ただ、「22歳まで日本人」だった戦中派世代の李登輝は、彼と同世代の日本の政治家たちと同様、目的のために田中角栄的な政治手法を辞さなかったという弁護はできる。

 ただし台湾政界の場合は、金権の規模が日本よりも1~2桁大きかった(なお、李登輝は馬英九政権下の2011年に汚職罪などで起訴されているが、「金庫番」の劉泰英が実刑を受けたものの李本人は無罪とされた)。

 また、李登輝は政権終盤に狭義の台湾人アイデンティティを過度に強調してしまった。これは結果的に、マジョリティである閩南系の本省人と、外省人などそれ以外の族群との対立関係を深め、社会の分断を拡大させた。

 ここで流布された「外省人悪玉論」のような見方は、李登輝人気に伴って日本にも輸出され、日本人の台湾観にもすくなからず影響を与えている。

あわせて読みたい

「李登輝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  2. 2

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  4. 4

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  5. 5

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

  6. 6

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  8. 8

    サイゼでバイトする星付きシェフ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。