記事

75回目の終戦記念日にあたって

 本日75回目の終戦記念日にあたり、先の大戦で尊い犠牲を払われた英霊に謹んで哀悼の誠を捧げます。

 今日の平和と繁栄は、深い愛国心と愛郷心をもった先人たちの命を賭けた行いの上にあるということをわれわれ日本国民は決して忘れてはなりません。

 私は、英霊への畏敬の念と戦争の教訓を未来永劫伝え、先人がつくった歴史と伝統、文化を守り、そして、わが国が国際社会の平和と安定に引き続き寄与するべく、今後とも尽力することをお誓い申し上げます。

 本日私は、靖國神社に参拝してまいります。祖国を想い、愛する家族を案じ、国のために命を捧げた英霊に対して哀悼の誠を捧げ、平和を誓うことは、国民の代表である国会議員の重要な責務の一つであるとともに、一人の日本人として靖國神社へ参拝することは当然のことと考えています。

あわせて読みたい

「靖国神社」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  8. 8

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  9. 9

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  10. 10

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。