記事

追悼・渡哲也 「石原」の看板を背負った男の運命 「裕次郎が太陽なら彼は月」 - 岸川 真

 俳優・渡哲也さんが8月10日、肺炎のため死去した。78歳だった。石原裕次郎さんにあこがれて映画界入りし、日活で活躍。その後、石原プロモーションに入り、裕次郎さんが亡くなった後は同プロの社長に就任。その後、相談取締役を務めていた。

【画像】渡哲也の画像を全部見る

 追悼の意を込め、「週刊文春」2017年8月10日・17日号に掲載した裕次郎さんと渡さんの関係を辿った記事を、特別に全文公開する。(※記事中の年齢、日付、肩書等は掲載時のまま)


渡哲也さん ©時事通信社

◆ ◆ ◆

 2人が出会った1964年。石原裕次郎は代表作『赤いハンカチ』を大ヒットさせ、国民的スターとして君臨していた。当時、渡哲也は22歳。青山学院大在学中は空手道部に属し、役者になる気は全くなく、就職活動を続けていた。渡は裕次郎のファンで、一目見られたらという軽い気持ちで撮影所へ見学に行く。その折に日活からスカウトされ進路が決まってしまうのだ。

 裕次郎に初めて会ったのがその年の4月。新人として撮影所の挨拶回りをした時、他の先輩は渡へ座ったまま挨拶を返す中、撮影所の食堂にいた裕次郎だけが立ち上がって渡を迎え、丁寧な物腰で「頑張って下さい」と励ました。この初対面は渡に強い印象を残し、その後の運命を大きく変えることになる。

 日活で活躍した映画監督・斎藤武市はかつて裕次郎と渡の関係を評し、こう筆者に語ったことがある。

「石原さんと渡さんは誕生日も、兵庫県生まれで厳しい父親に育てられたのも、才能ある兄弟がいるのも同じ。映画俳優に自ら望んでなったのではないところまで同じなんだよ」

 憧れのスターに魅入られ共に働き、没後は寡黙に「石原」の金看板を背負った男。その役者人生を始まりから追っていきたい。

「渡君を主演にしたい」裕次郎は制作陣に言った

 仕事から私生活まで後輩の世話を焼く裕次郎は、日活に入った渡を厚く迎えた。自宅へ招き、食事をさせ、撮影所へ送り出す。呼び名も「渡君」から「哲」に変わり、やがて渡は裕次郎の代表作のリメイク版『嵐を呼ぶ男』(66)と『陽のあたる坂道』(67)で主役を務める。裕次郎や吉永小百合の主演作を撮った監督・西河克己は生前、こう語った。

「渡君を主演にしたいと石原さん自身が制作陣に述べた。スターとして華があるのと同時に、渡君には赤木圭一郎の面影があったから。5歳下の赤木君は石原さんが怪我で降板した『激流に生きる男』(62)で代役になり、撮影所での事故で亡くなった。石原さんには心の傷がずっとあったと思う。そこへ現れたのが赤木君より2歳若い渡君だった」

 赤木は日活アクションスターとして裕次郎と並ぶ人気を得ていた。彼の主演作『拳銃無頼帖』シリーズ(60)等を観ると確かに、屈託のなさと苛立ちを抱えた姿が若き渡に重なる。加えて日活の撮影監督である故・姫田真佐久の証言も引きたい。

青春スターからアウトローへ

「『青春の海』(67)で渡さんが演じた底抜けな明るさは、裕さん譲りだった」

 渡は熱い期待を受け、ポスト裕次郎への道を駆け上がっていくかに見えた。だが一転、『無頼』シリーズ(68~69)では耐えた後に憤怒を爆発させる主人公を演じることになる。

「突然、怒りを抱えた渡さんへ変わった。鈴木清順さんの『東京流れ者』(66)の〈不死鳥の哲〉で見せた虚無感も強烈な印象だった。渡さんは、石原さんという高度経済成長下のスターとは違う、時代の翳りを持っていたんだ」(同前)

 次第に渡は全共闘世代に共鳴される役者として高い評価を得てゆく。この転換の背景には映画界の斜陽化も関係した。不振の日活は、東映ヤクザ映画を意識した作品を企画した。結果、渡は暴力の中で生き急ぐアウトローや刑事のイメージを定着させていくのだ。

「社員の皆さんのお茶代に」180万円を差し出した渡

 68年、石原プロを率いていた裕次郎は三船敏郎と組んで完成させた『黒部の太陽』をヒットさせる。しかし『栄光への5000キロ』(69)などへ巨費を投じた結果、膨大な借金を抱えていく。71年、日活を去った渡は、裕次郎のもとへ駆けつけた。まき子夫人は振り返る。

「石原プロは倒産の危機でした。潰れる会社になぜ入る、そう周囲からは猛反対されていたし、裕さんも反対だった。なのに渡さんは『社員の皆さんのお茶代に』って180万円の大金を差し出した。裕さんはそのお金を受け取らなかったけれど、意気に感じて入社を許したんです」

 こうして71年から石原プロに加わった渡は松竹、東宝作品に次々と主演。裕次郎も『太陽にほえろ!』(72~86)を成功させ、事務所は息を吹き返していく。だが、今度は渡の前に次々と病魔が立ちはだかった。

 渡は72年7月に葉間肋膜炎で休業。74年2月には胸膜癒着症に罹りNHK大河ドラマ・倉本聰脚本『勝海舟』を途中で降板。復帰した75年2月、深作欣二監督と組んだ代表作『仁義の墓場』に出演するも、撮影後に肺感染症で入院。誰もが渡の不運を嘆いた。石原プロ再建の為、身を粉にした結果だった。

松田優作をはじめ、当時の若手俳優の目標だった

 復帰後、映画を離れ、倉本聰と石原プロの共同企画『大都会 闘いの日々』(76)に主演、活躍の場をテレビに移す。番組は人気になりシリーズ化。『西部警察』(79~84)と共に代表作となる。『大都会』シリーズ関係者は語る。

「渡さんを尊敬する松田優作が『大都会PARTⅡ』に出た。優作が主演映画もある中、過密スケジュールにめげずに毎週出演したのはひとえに渡さんと共演できるという喜びのおかげ」

 松田をはじめ、当時の若手俳優の目標は渡哲也だった。渡には俳優として多様な可能性が開けていたはずだ。先述の西河克己はこう語る。

「ダーティハリーやジェイムズ・ボンドを観ればわかるけど、ヒーロー役を演(や)り続けるのは単調で、役者としては演技の幅を広げたくなるはず。渡君は『浮浪(はぐれ)雲』(78・倉本聰脚本)での人間味が真骨頂。なのに映画主演は長くやらず、石原プロの一員、スターとして『大都会』や『西部警察』に絞ってストイックな刑事を演じ続けた。終生、寅次郎を演じてみせた渥美清と同様でなかなか出来ることではない。渡君の人間的凄味を感じます」

「石原さんが太陽なら、彼は月です」

 テレビでの成功を勝ち得た78年から10年、裕次郎も繰り返し病に襲われるが、この間、静かなる男を演じ続ける渡が、裕次郎に代わって石原プロを支え続けた。

 87年7月17日、裕次郎が他界。渡は社長に就任する。その後、91年に患った直腸癌と闘いつつ、2011年まで社を率いていく。そして17年3月14日には愛弟・渡瀬恒彦を喪い、7月に裕次郎没後30年を迎えた。

 渡は裕次郎に憧れて俳優になり、没後は社業の重責を引き継いだ。思えば俳優としての可能性を犠牲にしてきたのではないか。この考えに対して「そりゃ違うよ」と言った人がいる。今年2月に他界した鈴木清順監督である。

「僕はいまこそ『東京流れ者』の続編を撮りたい。渡君は役名通り〈不死鳥の哲〉です。石原さんが太陽なら、彼は月です。月は満ち欠けを繰り返しながら、昼は白く空に浮かび、夜には輝く。決して己を曲げない、それが渡哲也という役者なんです」

(岸川 真/週刊文春 2017年8月17日・24日号)

あわせて読みたい

「渡哲也」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  5. 5

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  6. 6

    貧乳OK巨乳NG 仏美術館で騒動に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    岸部四郎さんの壮絶な借金地獄

    文春オンライン

  8. 8

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    ゴーン氏 リゾート地で悠々自適

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。