記事

二度と戦争をしない――常に立ち戻る私の原点「8月15日」

田原総一朗です。また、終戦記念日の8月15日がやってくる。75年前、私は国民学校の5年生であった。

その日、私は日本が負けたことを知り、絶望して泣いた。軍国少年だった私は、海軍の軍人になり、国のために死ぬことが夢だったのだ。

その夢がなくなってしまい、私は絶望し、泣きに泣いていつのまにか寝てしまった。気づくと夜になっており、部屋は真っ暗だったが、二階の窓から街を見ると何やら異様に明るいのである。

それまでは灯火管制がしかれ、真っ暗な街が当たり前になっていた。「ああ、明るいっていいことだ」と私は急に明るい気持ちになった。

そして「死ななくていいんだ」という解放感に浸ったことを覚えている。「国のために死ぬ」という、いわば洗脳から解き放たれた瞬間だった。

その日まで「あの戦争」は、正しい戦争だった。当時アジアの国々は、タイをのぞき、ことごとく、欧米列強の植民地となっていた。そのアジアの国々を解放するための「正義の戦争」だと教わってきた。

ところが戦争に負け、夏休みが終わり、米軍が進駐してくると、教師たちの言うことは180度変わったのである。

「あの戦争は誤りの戦争であり、米英などの連合国が正しかった」。そして、それまで「英雄」だった東條英機らが逮捕され始めると「彼らは悪い人間であり、逮捕されて当たり前だ」と言う。

教師だけではない。ラジオや新聞も同じである。ほんの1か月前まで「国のために死ね」と教え込んでいた人たちが、平気で「君たちは平和を守るために、がんばるべきだ」と言うのだ。

しかも、彼らの姿勢はまたも豹変した。1950(昭和25)年、朝鮮戦争が始まると、アメリカは日本に警察予備隊の創設を求めた。

私が「戦争反対、警察予備隊も反対」と言うと、教師に、「お前は共産党か」とにらみつけられた。あんなにも「戦争はよくない。平和を守れ」と言っていた、教師たちがである。

偉そうな大人たち、教師や政治家、ラジオや新聞なども、一切、信じられない。これがジャーナリストとしての、私の原点である。

戦争を知っている人間は、少なくなった。天皇陛下も、首相も、戦争を知らない。だからこそ、戦後75年、何度でも、そして、いま、あらためて言いたい。

「二度と戦争をしてはいけない」。

あわせて読みたい

「終戦記念日」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  3. 3

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  4. 4

    ひろゆき氏、電話不要論を展開「若い人が嫌がるのは当然」 職場の“TELハラ”問題

    ABEMA TIMES

    06月12日 14:22

  5. 5

    コロナ不況で住宅ローンが返せない人急増 持ち家の売却は急いだほうがいい理由

    NEWSポストセブン

    06月12日 09:41

  6. 6

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  7. 7

    支持率は37%に激減…それでも五輪に突き進む“菅政権のホンネ” - 広野 真嗣

    文春オンライン

    06月12日 09:55

  8. 8

    「常識外れの賠償は却下に」文在寅大統領には徴用工問題を解決する責任がある

    PRESIDENT Online

    06月12日 10:36

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    実は世界経済回復の恩恵を受け始めている日本経済 今以上に悪化する要素はない

    武者陵司

    06月12日 16:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。