記事
  • ロイター
  • 2020年08月14日 12:35 (配信日時 08月14日 12:31)

コロナワクチン開発のキュアバック、IPOで2.13億ドル調達=関係筋


[ニューヨーク 13日 ロイター] - 新型コロナウイルスのワクチンを開発する独キュアバック<CVAC.O>は13日、ニューヨーク市場で新規株式公開(IPO)を行い、2億1300万ドルを調達した。関係者が明らかにした。

新型コロナの有望なワクチン候補を開発している企業が株式を新規に上場するのは初めてとなる。

関係者によると、IPOでは、仮条件の上限だった1株16ドルで1333万株を売却した。株式時価総額は約28億ドルとなる。

キュアバックのコメントは取れていない。

同社は、メッセンジャーRNA(mRNA)を利用した新型コロナなどの治療法を研究。ライバルのモデルナ<MRNA.O>やビオンテック<22UAy.F>も、同様の実験的なアプローチを採用している。

mRNAを利用すれば、治療で重要な役割を果たすタンパク質を患者自身の体に合成させることができると期待されている。

ドイツ政府は6月、キュアバック株の23%を約3億4300万ドルで取得。戦略上、国益に重要な企業と位置付けているとみられる。7月にはグラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>やカタール投資庁(QIA)からも出資を受けた。

米マイクロソフト<MSFT.O>の共同創業者のビル・ゲイツ氏も同社を支援している。先月には欧州投資銀行から7500万ユーロ(8500万ドル)の融資を確保した。

新型コロナ以外にも、がん、狂犬病などの治療法を研究している。同社の文書によると、独SAP<SAPG.DE>の共同創業者、ディートマー・ホップ氏が経営権を保有しており、IPO後も50%弱の株式を継続保有する見通し。

IPOの引き受け主幹事はバンク・オブ・アメリカ、ジェフリーズ、クレディ・スイス。

キュアバック株はナスダック市場で14日から取引が開始される予定。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「比例は山本太郎って書くよ」の恐怖

    田中龍作

    10月23日 14:51

  2. 2

    野党共闘の陰で原発事故被害者が抱える「ただちに影響ない」への怒りと葛藤

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    10月23日 11:19

  3. 3

    コロナ対策は人体実験 ラサール石井の発言が不適切すぎと物議

    女性自身

    10月23日 09:44

  4. 4

    「行列に並ばなくても食べられる」スシローが"持ち帰り店"を加速させる本当の狙い

    PRESIDENT Online

    10月23日 16:59

  5. 5

    「奨学金はチャラ、消費税は廃止」れいわ新選組・山本太郎代表

    ABEMA TIMES

    10月23日 11:18

  6. 6

    「野党に政権は任せられないが、自民党がこのままでは困る」有権者の棄権を招く政治の貧困さ

    PRESIDENT Online

    10月23日 12:38

  7. 7

    超話題作「イカゲーム」:その続編はあるか?

    島田範正

    10月23日 13:11

  8. 8

    Uber配達員に優しいインド料理店 ラッシーを奢ってくれる店も

    キャリコネニュース

    10月23日 10:42

  9. 9

    長期的に安定している日本の政治 カギは「与党内野党」の役割を担ってきた公明党

    WEB第三文明

    10月23日 14:36

  10. 10

    飲食店のネット予約数が大幅増 コロナ流行前の水準に回復

    ABEMA TIMES

    10月23日 16:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。