記事
  • ロイター

中国の7月小売売上高は予想外の減少、鉱工業生産も予想に届かず


[北京 14日 ロイター] - 中国国家統計局が14日に発表した各種統計によると、7月の小売売上高は前年同月比で予想外に減少し、鉱工業生産の伸びも市場予想に届かなかった。中国経済の回復が依然として弱いことが浮き彫りになった。

鉱工業生産は前年同月比4.8%増加した。増加は4カ月連続となったものの、伸び率はアナリスト予想の5.1%を下回った。6月も伸び率は4.8%だった。

小売売上高は前年比1.1%減少し、市場予想(0.1%増加)に反してマイナスとなった。6月は1.8%減だった。全国的な厳しい新型コロナウイルス封じ込め措置は緩和されているものの、消費者の需要がさえない兆候が見られる中、小売売上高は7カ月連続で減少している。

中国は一時、新型コロナの影響で経済活動がほぼ止まったが、その後は累積需要や政府による刺激策、予想外の底堅さをみせた輸出が後押しする形で順調に回復。第1・四半期には大幅なマイナス成長だった国内総生産(GDP)も、第2・四半期はプラスに転じた。ただし、国内消費が予想以上に振るわず、ここにきて回復の勢いに衰えが見られる。

1─7月の固定資産投資は前年比1.6%減で市場予想と一致。マイナス幅は1─6月の3.1%から縮小した。

投資全体の60%を占める民間セクターの固定資産投資は、1─7月は5.7%減少した。1─6月は7.3%減少していた。

成長のけん引役であるインフラ投資は前年比1.0%減。2.7%減だった1─6月からは減少率が縮小した。

キャピタル・エコノミクスの中国エコノミスト、マーティン・ラスムセン氏は「中国政府が国債を増発する計画であることを踏まえると、インフラ投資は向こう数カ月に加速すると見込まれる」と指摘。「工業や建設も回復し、これによって労働市場の緩みも吸収され、間接的に消費が押し上げられ、景気回復の動きも維持されるだろう」と述べた。

INGの大中華圏担当チーフエコノミスト、アイリス・パン氏は「洪水の終息後は、被害地域での建設が固定資産投資と鉱工業生産を押し上げると見込んでいる」と語った。

国家統計局の報道官は、中国は今年、安定的な経済成長を維持できると述べた。一方、米中関係の緊張が両国および世界に悪影響を及ぼしかねないとの見方を示した。

報道官は、中国の投資について、政策支援を背景に順調に回復していると指摘。ただ、雇用への圧力は依然として存在するとも述べた。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    トヨタ 39車種21万台をリコール

    ロイター

  10. 10

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。