記事

【読書感想】吉本興業史 ☆☆☆

1/2
吉本興業史 (角川新書)吉本興業史 (角川新書)
  • 作者:竹中 功
  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: 新書


Kindle版もあります。

吉本興業史 (角川新書)

吉本興業史 (角川新書)

  • 作者:竹中 功
  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: Kindle版

内容(「BOOK」データベースより)
“闇営業問題”が世間を騒がせ、「吉本興業vs芸人」の事態にまで発展した令和元年。“芸人ファースト”を標榜する“ファミリー”の崩壊はいつ始まったのか?そして、吉本興業はこれからどこへ向かうのか?35年間勤めた“伝説の広報”が、芸人の秘蔵エピソードを交えながら組織を徹底的に解剖する。笑いの世界を愛するすべての読者に贈る「私家版」吉本興業史!

 宮迫博之さんと田村亮さんの会見が2019年7月20日ですから、あの「闇営業騒動」から、もう1年が経ったんですね。
 あの「闇営業」に関わった芸人たちの「その後」もさまざまです。正直、宮迫さん、田村亮さん以外は、誰があの事件に関わっていたんだっけ……とすぐには思い出せません。
 現状では、宮迫さんのテレビ復帰はまだまだ遠いようで、YouTuberとしての活動を続けています。

 この本の著者は、35年間にわたって吉本興業で広報などを担当し、『マンスリーよしもと』の初代編集長を務め、多くの人気芸人を生み出した「よしもとNSC」の設立の中心メンバーでもありました。「伝説の広報マン」とも呼ばれているそうです。
 吉本興業在籍中には「吉本興業百五年史」の編纂者も任せられています。
 その著者が「内側からみた、私的な経験も多く含む『吉本興行史』」を書いたのが、この新書なのです。

 著者は、吉本興業での芸人の扱いについて、こう述べています。

「芸人は商品だ。だから大切に扱うんや。よく磨いて高く売れるようにしてやりや」
 入社当時から、担当役員にそう教えられてきた。

 吉本の人間が口にする「商品」とは、消耗品ということでは決してない。「大切に扱え」との言葉からもわかるように、芸人あっての会社だという考えが根底にある。

 芸人との「専属契約」は、百年前から結んでいた。およそ”おおざっぱ”な契約だったのも確かだ。基本は「口約束」であり、契約書という紙はほとんど存在しなかった。闇営業問題から始まった会見騒動でも「おかしいのではないか」と指摘された部分でもある。

 だがこの関係は、会社と芸人のあいだに人間同士のつながりがあってこそ成り立ってきたものだ。その「口約束」こそ、強い「契り」と言えるのだ。

 私が知る限り、戦後、会社側から契約を解除した芸人は、片手で足りるほどしかいない。どうしようもない事態にいたらない限り、会社側から芸人に「お前はいらない」、「会社を辞めろ」と通告することはなかったのである。

 会社の幹部らが芸人を「家族」と呼ぶのも、口先だけのことではない。商品であると同時に家族であるという感覚は、百年の歴史の中で培われ、染みついてきている。

 その一方、芸人の側では「家族」という意識が薄くなってきていたのだと見ざるを得ない。今回の一連の騒動を通して、それが露呈した。

 いまの芸人たちの中には、明治から始まった家父長制的な体質の「家」を理解しなくなった者も出てきているのではないだろうか。時代の流れからいえば、自然なことではある。

 だが、時代や風潮の問題として、簡単に認めてしまいたくはない部分である。

 著者は、吉本興業の百年をこえる長い歴史(創業は1912年(明治45年)4月1日)を概観し、そのなかで、ライバル会社との芸人の引き抜き合戦や、創業家の兄弟での主導権争い、山口組などの反社会的勢力との関わりについても述べています。

 興行の世界というのは、きれいごとだけでは済まないところが長年あったし(今でもあるのかもしれませんが)、一度できてしまった反社会的勢力との縁は、なかなか切れるものではありません。

 だからこそ、近年の所属芸人たちには、反社会的勢力との関わりを持たないように厳命していたようなのですが……

あわせて読みたい

「吉本興業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  8. 8

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。