記事
  • ロイター

ドル下落、コロナ協議進展見られず 対円では107円台=NY市場


[ニューヨーク 13日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルがユーロやスイスフラン、ポンドなどに対して下落。追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議に進展が見られないことが相場の重しとなった。一方、対円では一時107円台に上昇した。

ドルは3月に高値を付けてから10%下落。7月下旬以降では約2年ぶりの安値水準でもみ合っている。

コロナ対策協議を巡って、トランプ大統領は13日、米郵政公社(USPS)と大統領選挙向けの支援が争点になっているとした上で、郵便投票を促進するいかなる支援も阻止すると言明した。

クラリティーFX(サンフランシスコ)のアモ・サホタ氏は「景気対策を巡る協議が膠着状態にあるのは厄介だ」と指摘。「今、政権がやろうとしているのは、ばんそうこうをさらに貼るようなもので、長続きしない」と述べた。

ユーロ/ドル<EUR=>は0.1%高の1.1798ドル。7月初め以降では約6%値上がりしている。ドル/スイスフラン<CHF=>は0.2%安の0.9105フラン。ポンド/ドル<GBP=> <GBP=D3>は0.3%高の1.3051ドル。

ドルは通貨バスケット<=USD>に対し一時1週間ぶり安値を付けた。その後は93.316とほぼ変わらず。

前出のサホタ氏は「ドルの地合いが弱いということはリスク選好の上向きを意味しており、豪ドル、ユーロ、ポンドなどリターンの大きい通貨に資金が向かっている」とした。

経済指標では、8日までの週の新規失業保険申請件数が96万3000件と、前週の119万1000件から減少。米国で新型コロナの流行が始まってから初めて100万件を割り込み、3月半ば以来の低水準となった。ドル相場への影響は限定的だった。

ドル/円<JPY=>は106.91円と横ばい。一時107.04円を付けた。オフショア人民元<CNH=><CNH=D3>は一時5カ月ぶり高値を付けたが、その後は0.3%の6.9519元。

ドル/円 NY終値 106.92/106.94

始値 106.82

高値 107.04

安値 106.74

ユーロ/ドル NY終値 1.1812/1.1816

始値 1.1841

高値 1.1864

安値 1.1795

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  5. 5

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  6. 6

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  7. 7

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    河野氏挑むFAX廃止 本丸は紙文化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。