記事

日本人の同僚に知ってほしいこと──欧米人の僕が、日本企業で初めてマイノリティになった苦悩と期待

1/2

※この記事は、Kintopia掲載記事「What I Wish My Japanese Colleagues Knew about Working as a Foreigner in Japan」の翻訳です。

初めて「少数派」になった僕

僕はスイス育ちの白人男性だ。人生の大半は多数派に属していて、少数派になった経験はなかった。4年前、日本に来るまでは──。

日本人の要素はゼロ、日本語と文化の知識は初心者レベルという状態で日本にやって来て、最初の2年間は語学学校に通った。

しかし、それだけでは日本への理解はほとんど深まらず、自分が育った文化とはまったく違う日本文化にどっぷり浸かる体験がしたいと思った。日本について学ぶだけでなく、少数派であることの本当の意味を学ぶことになるとも知らずに。

日本に来て2年半が過ぎたころ、日本を代表するグループウェア開発会社「サイボウズ」に入社した。仕事は海外向けのブランドコミュニケーション、サイボウズ式・英語版「Kintopia」の運営、東京本社と海外拠点のコミュニケーションのサポートだ。

現在、サイボウズ東京本社の社員数は500人を超えているが、外国人社員は20人未満、全体の4パーセント以下だ。これでもほかの日本企業と比べれば、多い方だろう。

全体的に見れば、多様性を受け入れているサイボウズで働く僕はラッキーだ。サイボウズの海外拠点にいる100人程度の社員を含めれば、多様な文化や経歴を持つ人にも出会える。

それでも「超少数派」について、日本の会社で働く前に知っておきたかったこと、そして日本人の同僚に分かってほしい、認めてほしいと思うことがいくつかある。

すべてを挙げたら本が何冊か書けそうなので書かないが、日本で働く外国人について、日本人の同僚に知ってほしいことを紹介しようと思う。

立ちはだかる2つの関門

まず、第1の難関は想像に難くないと思うが、言葉の壁だ。僕の日本語力は、日本に暮らす平均的な外国人よりは高いと思う。

最難関とされる日本語能力試験(JLPT)の1級にも合格した。読解力はあるし、書いたり話したりする分にはたいてい、言いたいことは伝わる。

ただ外国語で仕事をすると、何をするにもこんなにも余分に時間がかかるとは思いもよらなかった。

メッセージを読む。返信する。書類に記入する。どの情報が自分に該当するか考える。どの作業も日本人より数秒は余分に時間がかかる。それぞれがわずかな時間であろうと、数秒も積み重なると大きくなる。 

そして母国語で働くときより、ずっと気力がいる。日本語を意のままに操れるわけではないので、自分の言いたいことをどう表現するかを考える時間が必要だ。

さらに何を書いても、念入りな見直しがいる。正しい文脈で的確な表現を使っているか、常に辞書を引いて確認している(なのに驚くほどミスが起きる)。

たとえるなら、本当は最高品質のスイス・アーミーナイフを使えるはずなのに、さびついた缶切りで、なんとか缶を開けようとしているかのように、何をするにも気力を消耗し、ミスも起きやすくなる。

日本人なら難なくこなせるささいなことが、苦痛でしかない場合もある。たとえば、手書きの文章。これは日本語学校では教えてくれなかった。チーム作りの演習の場でポストイットが登場したら、もうお手上げだ。

日本語のビデオ会議に参加してみて、自分は思った以上に音質に敏感だとも知った。英語なら相手のマイクが途切れても、たいていは内容を理解できる。

それが日本語の場合、わずかに音質が下がるだけで、理解力に大きな影響が出る。ちょっとした雑音が入るだけで、相手は異星人かと思うほどだ。

さらに標準語とは違う俗語、慣用句、表現が出てくると、途方に暮れる。たとえば、おもしろ半分に関西弁を使うのが好きな同僚たち。

話の要点は理解できてもメッセージ全体をつかむには、方程式でも解くかのように頭をフル回転させなくてはいけない。やっと方程式が解けたと思ったら、笑いの輪に入るタイミングを逃している。これが第2の難関だ。

「みんなが思う僕」と「本当の僕」

外国人である僕が日本の文化に身を置くと、単純な交流の場ですらやっかいな事態になることが分かってきた。たとえば、冗談やポップカルチャーにまつわる話題が理解できない。間違ったことを言わないか、自分の考えが伝わるかと心配しすぎてしまう。

結果的に人が多い場では口を閉ざすことが多くなった。参加者の人数に関係なく、日本語で話すときには、母国語で話すときほど自信が持てない。

気まずさと気苦労を避けるため、やっかいな交流の場からは足が遠いてしまう。サイボウズ社内にはたくさんの部活動があるが、参加する気にはなれない。新しい人間関係をつくるのにも努力が必要なので、いっしょにランチを食べるのは親しい数人の同僚だけ。

仕事にも直接的な影響が出る。会議では重要な点を聞き逃したかもしれないと不安になり、意見を言うことが少なくなる。自分が担当する企画でない限り、意見を求められなければ発言しない。

勇気を振り絞って発言してみても、論点からズレているような気がする。自分の発言が話題と直接関係がなかったり、関係はあっても話題になったのは5分前で、会話は気づいたら先に進んでいたりする。関係のある話題でも、独創的な考えだったり、的確に説明できない前後関係があったりするかも知れない。

スイスで働いていたときと比べると、意見を言ってもうわべだけの反応が返ってくることが増えた。社交辞令的に軽くうなづいてくれるものの、日本人が理解しやすい身近なアイデアに話題が移ってしまう。

同僚はどれもこれも一風変わった個性、つまり僕の性格の一部だと思っているのかもしれない。「あの人は、ほかの人と同じような考え方をしないのかも」「おもしろいアイデアを出すのが得意じゃないのかも」「人づきあいが苦手な変わり者で、話しかけにくい人なのかも」

でも同僚の目に映る自分は、本当の自分とは違うと説明する言葉を僕は持ち合わせていない。同じ言葉や文化を共有する同僚の前ではふるまいも違うこと、もっと有能で、もっと結果を出せる社員になれることも。でも、やることなすことすべてをゆがめてしまう厚い壁が立ちはだかる。

外国で働くことは、素晴らしい人生経験だ。でも本当の自分を犠牲にすることでもある。

ロールモデルがいない。昇進はできないの?

超少数派であるために、キャリアの見通しが立てにくいことも学んだ。

ほとんどの人は自分より経験豊富な先輩社員の行動をモデルにして、「職場での自分」を作り上げる。リーダーやマネージャーと話をしながら真似をしつつ、昇進に必要なツールを身につける。

僕の場合、出世の階段を登っている上司は日本人だけで、外国人でマネージャーレベル以上の職に就く社員は海外拠点にしかいない。

つまりロールモデルになる人がいない。「日本人らしさ」で日本人を超えるのは不可能なので、「日本人らしく」ふるまうのは逆効果だ。人と違う視点を持つことが僕の付加価値であって、それは既存の方法に疑問を投げかけ、独創的なアイデアを出し、新しい顧客にアクセスする方法を考えることだ。

サイボウズ社内で自分に似たキャリアを形成してきた人が誰もいないので、見通しが立たない。能力を最大限に発揮して働けば昇進できるのか。それとも、もうすでに目に見えないガラスの天井にぶち当たっているのか……。

サイボウズが日本で、外国人社員をマネージャー職に登用する日は来るのか。キャリアを積むには海外に行くしかないのか。

僕は、一従業員から執行役員に至るまで、すべての階層で多様な企業こそ、真に多様な企業だと考えるようになった。世界中に支店があっても、重要な決定はすべて日本の執行役員が下している企業はグローバル企業ではなく、グローバルでも実績のある日本企業だ。

あわせて読みたい

「マイノリティ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  7. 7

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  8. 8

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

  9. 9

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  10. 10

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。