記事

玉木代表の言い分は筋が通らない -お盆前の合流決着以外に野党の生き残る途はなし

1/2

8月11日(火)午後、国民民主党の執行役員会は水入り(?)を含め数時間に及んだ。

私は、合流推進のための頭の体操(brain storming)用に下記の文章を作成し、ごく限られた関係者と意思疎通を図っていた。

一方、私は玉木代表は始めから立憲民主党と合流する気がなくて、あれこれ言っており、飛び出す口実を作っているのではないかと心配していた。そこに上記会合後、記者会見し、分党し、自分は合流しないと言い出した。また私の心配した通りになってしまった。自分のことより党のこと国民のことを考えなければならないのに、予想していたとはいえ、あまりの無責任さに仰天した。それにもかかわらず、コロナ対策が大事だ、政策の一致が必要だとまだ格好をつけている。

最初から最後まで合流を長引かすための言説を弄していたのだ。このため国民民主党や野党をどれだけ混乱させ、評価を落としめたかしれない。しかし、きちんと反論しておかなければならないと思い報告することにした。

以上8月13日

以下8月5日

 8月7日(金)までに合流の目途をつけるという期限に向け、立憲民主党、国民民主党の両党幹事長が精力的に話し合い、福山幹事長がその概要を明らかにし、平野幹事長が玉木代表に説明した。党名を無記名投票で決めるとかいう過大な要求までのみ、代表選とからめて記名で投票とまで譲ってきたことに対し、玉木代表はまたいつものとおり四の五の述べて支離滅裂な理屈を並べている。玉木代表は今まで何度もまとまりそうになったが、いつも約束を反故にし、違うことを言い出して合流を潰してきた実績があるが、今回も全く同じパターンである。この期に及んで、まだ大筋合意ではない等あまりにも目に余る一方的な発言ばかりで大半の同僚議員が辟易している。

(1)党名について

<立憲民主党の設立メンバーへの配慮が必要>

 立憲の設立メンバーは、17年10月希望の党に排除されてさぞかし寂しい思いをしたに違いない。そうした中で、10月4日ぐらいから立憲民主党へのうねりが生じ、投票日最終には13%を超える支持率となり、希望の党の50人を凌ぐ55人が当選した。そして、今は政党支持率が5~9%(国民は1%)。国会議員は衆56人、参33人の計89人と、国民の衆40人、参22人、計62人を大きく上回る政党へと成長した。

 立憲民主党は小池都知事の人気に乗じんとして希望の党に走り、うまくいかず民進党と合流できた国民民主党と違うのだ。選別されて排除されるという厳しい状況の中から新しい党を立ち上げてきた方々には、党の名前に対する強烈な思い入れがあって当然である。我々はそこに思いを馳せなければならない。

<新民主党は篠原が17年秋に提案>

 今、我が党は民主党がいいと主張してそれを通そうとしている。

17年の総選挙後、民進党が残ってしまい、希望の党、立憲民主党と3党が鼎立した。その時、私は将来の統合をスムーズにするためにも、党名を本家の民主党に変えて、いつでも一緒になれるように準備したほうがいいと主張した。しかし、これまた受け入れられなかった。それが今、こぞって民主党の大合唱だ。参議院の皆さんは当時の私の主張を覚えている人がいるはずだ。

 私だって民主党がいいに決まっているが、略称「民主党」まで譲っているのであり、受け入れるのが筋である。

(2.)投票による民主的プロセスをというなら、国民民主党は19年7月に消えてしかるべき政党ではないか。

<つなぎ政党、暫定政党でしかない国民民主党>

19年の参議選に当たり、国民民主党というよりも玉木代表のPRに40億円近くをかけたが、地方区は実績のある4期以上の3人だけで新人はゼロ。比例区は産別の頑張りで3人と計6人しか当選させられなかった。海江田降ろしが吹き荒れた13年参院選以上の大敗北であり、幹部の辞任に値する。国民民主党は19年夏には投票によりNOを突き付けられている。これこそ絶対的な民主的プロセスではないのか。その後の世論調査でも、ついに政党支持率が2%を超えることはなく、その後も状況は悪化の一途である。民意に沿うというなら、国民民主党はとうの昔に消えていなければならない。

<党名は合流のプロセスの中、幹部が決めること>

民進党の結成時も、国民民主党の結成時も党名を決めるのに全員の投票などしていない。合流のプロセスの間に党名が決められている。大体が急いでいる時か揉めている時であり、そんな時に投票で決めるといった時間のかかることなどしていられないのが現実である。

 地方議員まで入れてとも主張しているが、サポーターなり地方議員の扱いがそもそも統一されておらず時間がかかるだけであり、さっさとやるしかない。民進党に決める時は、世論調査で国民の声を聴いて決定した。蛇足ながら、圧倒的差で2位だったのが立憲民主党である。玉木代表の主張は滅茶苦茶な主張なのだ。

 合流話はもうとっくの昔からしている。合流と決めてから両党で協議会なりを設けてそれで詰めていくのが通常ではないか。それをさっぱり合流の決断ができず、再三にわたってドタキャンしておいて、今になって細かいことを言い出し、詰め切ってないなどと言い出している。ずっとゴネて妨げてきたのに、差し迫った今の時点で持ち出すことではない。

あわせて読みたい

「玉木雄一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    期限迫る国勢調査 前回下回るか

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    舛添氏「気の緩み」に医師が反論

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    万年野党の方が楽? 新立民に呆れ

    諌山裕

  4. 4

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

    PRESIDENT Online

  6. 6

    国民の思考停止を招いた安倍政権

    内田樹

  7. 7

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  8. 8

    日本の携帯料金は本当に高いのか

    永江一石

  9. 9

    よくバレなかったな 瀬戸の本性

    NEWSポストセブン

  10. 10

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。