記事
  • ロイター

三菱商、純利益予想は62%減 三菱自への資金支援検討せず


[東京 13日 ロイター] - 三菱商事<8058.T>は13日、2021年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前年比62.6%減の2000億円になりそうだと発表した。上期中は新型コロナウイルスの影響が継続し、下期以降は年度後半に向けて経済環境が緩やかに回復に向かう前提としている。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は2589億円。

資源価格低迷の影響を含め、新型コロナの影響は通期で3000億円と見込む。影響が大きいと見込む自動車モビリティーは世界的な自動車需要の大幅な落ち込みによる販売台数減と三菱自動車工業<7211.T>の持分利益減少を想定する。金属資源や天然ガスでも、経済活動停滞に伴う需要減や価格下落を見込む。一方、電力ソリューションは建設工期などが遅延する可能性があるものの、発電事業は大部分が長期契約に基づいており影響は限定的とみている。

20年4―6月期の純利益は前年同期比77.3%減の366億円だった。

増一行常務執行役員・最高財務責任者(CFO)は13日の決算会見で、今期の業績予想について、資源価格の低迷を含む新型コロナのマイナスインパクト3000億円を織り込んだ上での見通しだと説明した。

減損損失などで影響を受けている三菱自動車に対しては、資本、資金的な支援はまったく検討していないと述べた。伊藤忠商事<8001.T>が子会社のファミリーマート<8028.T>株式を公開買い付け(TOB)して経営関与を大幅に強める動きに関連し、ローソン<2651.T>に対するスタンスを問われ、資本関係の見直しは検討していないと語った。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。