記事
  • ロイター

S&P、ベラルーシの格付け「下振れリスク高まる」 制裁巡り


[ロンドン 12日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバルは12日、独裁体制を敷くベラルーシのルカシェンコ大統領が6選を決めた9日の選挙について、外国政府が制裁発動の構えを示していることは、同国の信用格付けの下振れリスクを高めたと指摘した。

選挙での不正や抗議弾圧への批判が高まる中、欧州連合(EU)は14日に臨時外相会議を開き、ベラルーシに対する制裁措置について協議する。

S&Pのソブリン債のアナリスト2人は、ベラルーシ当局の対応に対する「国際的制裁の可能性は高まっている」と指摘。「ベラルーシのソブリン債格付けに即座に影響はないが、下振れリスクは高まっている」とした。

S&Pは現在、同国に投機的格付けの「B」を付与し、見通しは「安定的」としている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  5. 5

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  6. 6

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  7. 7

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  8. 8

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  9. 9

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  10. 10

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。