記事
  • ロイター

中国・深センでブラジル産冷凍鶏肉から新型コロナ検出


[上海 13日 ロイター] - 中国南部の深セン市は13日、ブラジルから輸入された冷凍の鶏手羽肉から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。

現地の疾病管理当局が鶏肉の表面サンプルを12日に検査した結果、判明したという。

深セン市保健当局がこの肉に接触した可能性のある関係者を特定し、検査したところ、全員が陰性だった。また、肉の近くに保管されていた食品も検査で陰性だったという。

深センの疾病管理当局は市民に対し、輸入された肉や海産物を慎重に扱い、感染リスクの軽減に努めるよう呼び掛けた。

中国中央テレビ(CCTV)は12日、安徽省蕪湖市内の飲食店で、南米エクアドル産冷凍エビの包装から新型コロナウイルスが検出されたと報道。他の複数の都市でも、6月以降、海産物からの検出事例が報じられている。

中国は6月以降、主要港に到着する肉・海産物のコンテナ全てについて、スクリーニング検査を実施している。

*内容を追加します

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

  5. 5

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  6. 6

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。